雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (39)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TAXI 32


TAXI 32



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



イライラする。

なんだっていまさら僕の前に現れた…?

もう、関わりたくないのに。

放っておいてほしいのに。

好きだ、愛してるだ。

そんなの、もう信じられない。

所詮、感情じゃどうにもならないんだ。

だったら、最初から期待しなければいい。

始める前に諦めてしまえばいい。

どうせ、僕は最初から捨てられる運命なんだから。

そりゃそうだ。

親にも見捨てられた人間を、誰かが必要としてくれるはずなんてない。

愛されてるなんて、所詮幻だったんだ。

錯覚だったんだ。

単なる、思い込みでしかなかった。

散々僕を好きだといったあの人もお金と権力を前に僕を捨てた。

あっさりと、切り捨てた。

僕以外いらないなんて、誰にも渡さないなんて、甘い言葉並べておいて。

そして、裏切っていく。

信じるから、傷つくんだ。

それならば初めから信じなければいい。

何もかも。

すべて疑って、打算計算だけで、利己的に生きればいい。

どうせ人は裏切る生き物なんだから。

「は…っ。なに、それ…。笑わせないでよ」

「…っ」

引き剥がそうともがけばもがくほど、腕が強く食い込んでくる。

早く、この場所から立ち去りたい。

愛なんか、いらない。

寂しいなら適当に誰かを見繕えばいい。

一晩をともに過ごすだけの割り切った関係。

後腐れは、一切ない。

連絡先も交換しないし、住所も聞かない。

だって、興味なんてない。

どうだっていい。

深入りしたところで、何もいいことなんてないから。

「いい加減、離せよっ」

「…嫌だ。離さない」

「この…っ」

蹴り飛ばしてやろうと振り上げた足。

けれど、それは目的を達する前に掴まれた。

そのままぐらりと視界が傾き、気づけばソファの上に押し倒されていた。

「どけよっ」

「…」

ゆっくりと、僕から身体が離れていく。

腕は押さえつけられたまま。

僕の目に見えたのは、痛みを堪えるような、いまにも泣き出しそうなユノの姿だった。

一瞬、大きく心が揺れた。

でも、それは一時のまやかしだ。

感情なんて、意味はないんだから。

「どかない」

涙を瞳に浮かべながら、はっきりとした口調でユノはそう告げた。

「どかないよ、オレは。もう、離すつもりはないから」

「…っ」

ホント、イライラする。

どうして?

なんで?

もう、放っておいて。

僕に関わらないで。

「オレ、チャンミナのこと幼稚園の頃から好きだったんだ。いまも、その気持ちは変わらない。チャンミナのいない生活なんて考えられない」

「なに、言ってんの…?連絡の1本も寄越さなかったくせに?1度も逢いに来なかったくせに?いまさらだろっ」

「言い訳はしない。確かにその通りだから。でも、思い出さない日は1日もなかった」

「口ではどうとでも言えるよね。単に、同情してんでしょ?あの人に捨てられた僕が可哀想だから」

そんなの、いらない。

僕はもう独りで生きていくって決めたんだ。

夢なんて、いらない。

あるだけ邪魔だ。

「同情なんかじゃない。オレは、チャンミナが好きなだけだよ」

好きと、聞くたびにイライラする。

ホントに。

そんな感情論、いらない。

「愛してる。ただ、それだけだ」

「…っ」

まだ、言うか…っ。

僕がこの世で一番大嫌いな言葉。

二度と、聞きたくない言葉。

最も、信用のできない言葉。

頬が引きつるのを感じた。

こみ上げる嫌悪感。

吐き気すらする。

「離せっ!」

「嫌だ」

ただ離せと言っても、オウムみたいに嫌だというばかり。

どけって言っても、聞き届けてはもらえない。

じゃあ、どうしたらいい?

どうしたら、逃れられる?

触れられている箇所から、ぞわぞわと嫌な感じが浮き出てくる。

まるで、虫にでも這い回られているみたいに。

早く解放されたい。

この場から消えてしまいたい。

「なに?僕のこと、抱きたいの?いいよ?好きにすれば?」

「…」

思いついたのが、それだった。

もう、ユノが好きだった僕はいないんだ。

だから、諦めろ。

さっさと。

いますぐに。

「抱きたくない…って、言ったらウソになるな。でも、いまは抱きたくない」

神経を逆なでするような言葉を選んで言ってやったのに、コイツはまだそんなことを言う。

解放してくれる兆しはない。

「セックスは、好きな人とするもんだろ?オレは、チャンミナを愛してる。だから、抱きたいと思う。でも、チャンミナは?」

ホントに、反吐が出る。

キレイ事ばっかり並べやがって。

好きじゃなくたって、セックスはできる。

相手さえいれば。

「オレのこと、もう一度好きになれよ」

「…離せよ」

冗談じゃない。

もう、誰も好きにならないと決めたんだ。

あんな思い、もう二度としたくないから。

「抱かないなら、どけよ。仕事の邪魔するな」

「…」

腕を掴んでいた力が緩んだ。

なんだ、最初からそういえばよかったんだ。

ユノの手の中から腕を抜こうとした途端、またそれまで以上の力で掴まれた。

骨が軋むように痛む。

「わかった。買えば、イイんだろ…?単位は?一晩?それとも回数?」

「一晩10万」

「じゃあ、1月300万だな。キャッシュ?振込み?」

「え…?」

「言っただろ?離すつもりないって」

何を、言ってるんだ…?

理解できない。

頭が、見事なまでに真っ白になった。



つづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

al◇ha 様

見事なまでにこんがらがってますね~…(;^ω^)
ちゃんと解けるのか?
ユノ様次第、ってところかな~(´∀`*)ウフフ

コメント

Re: さすがユノ

ノー◇カモ 様

相変わらずの男前っぷりです(笑)
しかし…チャンミン君は想像以上に荒んでますね~…(;^ω^)
ユノ様は無事チャンミン君の心を取り戻すことができるのか??
なぞなぞ~(´∀`*)ウフフ

コメント

Re: タイトルなし

こ◇ろ 様

チャンミン君サイドはうじうじひねくれモードですからね~…(;^ω^)
沈むのもムリはないってカンジです(笑)
かなり荒んてしまったチャンミン君ですが、ユノ様はどうやって解決してくんでしょう?
そして、ムソク様は??
朝がこんな調子なので、夜のお話で心癒していただければ幸いですm(__)m

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇わり 様

さらなるどん底来ちゃいました(笑)
チャンミン君はすっかり荒んじゃって…(;^ω^)
救えるのはユノ様だけ!
いままでも頑張ってはいるのですが、もっと頑張ってもらわなければ!
ユノ様と一緒に乗り越えてくださいませm(__)m

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

ちゃんとウォンに換算してくださいね~(笑)

相変わらず男前なユノ様♡
こんな変わり果てたチャンミン君を前にしても、心はぶれないようです(;^ω^)
ユノ様の愛にチャンミン君は再び心を取り戻せるのか?
応援してやってください(>_<)
ユノ様もですが、葉月のこともよろしくですwww

コメント

Re: 傷!

ペ◇マミー 様

いや~…見事なひねくれっぷり(笑)
これはかなり時間がかかりそうですね~(;^ω^)
とにかく、ユノ様に頑張ってもらうしか…。
チャンミン君を救ってやってください(>_<)

コメント

Re: タイトルなし

ネ◇リ 様

チャンミン君、強くなろうとしてたのにね~…。
裏切られたことによって負った心の傷は思いのほか深いようです(T_T)
あの時、ユノ様を選んでたらこんなことにならなかったんですよね。
ホント。
チャンミン君の心ない言葉に傷ついているだろうユノ様。
でも、ここが踏ん張りどころ?
またしてもユノ様に頑張ってもらいましょうっ!

コメント

Re: 不穏な展開…

K◇O 様

まさしく、不穏な展開…。
ここまで拗れているなんて、ユノ様的にも想ってなかったでしょうね…(;^ω^)
それくらいチャンミン君の心の傷は大きい(T_T)
そもそもあの時、ユノ様の手を取っていればこんなことにならなかったのに…。
早く幸せなふたりを書きたいじぇ…っ。

コメント

Re: タイトルなし

mi◇i 様

完璧なひねくれスネ夫君ですね(笑)
いったい、どうすればここまでひねくれちゃうんだ??っていうくらい(;^ω^)

ユノ様、どうやってチャンミン君と向き合っていくんでしょうかね~…。
かなりチャンミン君批判が相次いでいて、葉月的にはとても悲しいワケですが。
なんのためにチャンミン君の空白の時間があると??
アップされているお話だけを考えれば間違いなくユノ様が可哀想なんですけどね(T_T)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: さすがな展開です!

し◇ましま 様

ありがとうございますm(__)m
ご期待に沿えるよう、頑張ります(≧▽≦)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: はじめまして!

か◇こむ☆ 様

初めまして!
コメントありがとうございますm(__)m

チャンミン君の擁護コメント、ありがとうございます!
批判が多くて、葉月もかなり心を痛めております(T_T)
もちろん、チャンミン君がまったく悪くないというわけではないんですが、少しでいいから心を汲んでほしいな、と。
だからコメントいただいて、ホントに嬉しいです。
ありがとうございますm(__)m

離れていた間、チャンミン君に何があったのか。
それは追々お届けしたいと思いますが、チャンミン君にとっては心が壊れてしまうほど辛いことだったんです。
元々、心の弱い子でしたからね…。
早くユノ様がチャンミン君の心を取り戻してくれることを祈るのみ…。
頑張っていただかなければ!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: 泣く(T^T)

か◇ 様

いったい、何があったんでしょうね…"(-""-)"
ここまで歪んじゃうなんて。
元々心の弱かったチャンミン君。
元通りになるのか?
ユノ様、その大きな愛でチャンミン君を包んであげて(>_<)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.