雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (93)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Bittersweet ep.4-10


Bittersweet ep.4-10





Bittersweet3.png





やっぱり、今日は行かなくてよかった。

親父には申し訳ないけど。

さすがに来週は行かないとな…。

いくらなんでも先延ばしにし過ぎ。

こっちに来るとか言いだしちゃいそうな勢いだったし。

でも、なんて紹介したらいいんだ…?

ウソつくのは嫌だし、突き通せる自信もない。

かといって正直に言ったら雷落とされそうだし、下手したら実家に連れ戻されかねない。

それは絶対に嫌だ。

チャンミンと離れるなんて、絶対に。

ぎゅって腰に抱き着いたまま、そんなことを考えてた。

いくら考えたって答えなんて出ないのに。

「ユノ?なんか悩んでます?」

「ん~…チャミンのこと、親父になんて言えばいいかな~って」

「バイト先のオーナーでイイんじゃないですか?」

なんか、あっさりしてる。

それはそれで悲しい。

だって、恋人だし。

チャンミンのこと大好きだし。

この先ずっと一緒にいるつもりだし。

「なんか、やだ」

「でも恋人だなんて言えないでしょう?」

「…」

いつかは言うとしても、やっぱいきなりは言えないよな…。

でも、寂しい。

こんなに好きなのに、家族に言えないなんて。

ぐりぐりとチャンミンのおなかに額を擦りつけて、やるせない思いを誤魔化してみる。

でも、誤魔化せるはずもない。

「チャンミン…」

「なんです?」

「どうしたらいい…?」

「僕に聞かれても…どういう人だかわかりませんからねぇ…。ミノなら一度逢えば、ある程度の人格を見抜いて相応しい対応を取ることも可能ですけど」

「は?」

どういう意味だ…?

ミノって、あのムカツク野郎だよな?

それがどうして?

「ミノ、心理学を専攻してたんですよ。でも、人の心理に興味があり過ぎて、あの様です」

「マジか…」

「昔はもう少しましだったんですけどねぇ…。いまじゃすっかり変態…どころか、厄介な変人です」

チャンミンにそこまで言わせるって、ある意味すげぇ…。

「まぁ、大丈夫ですよ。外面のよさは、祖父に仕込まれてますから」

「チャンミンのおじいちゃんって…」

ちょくちょく出てくる、おじいちゃん。

なんか、謎だ。

謎だらけだ。

「そのうち逢えますよ。年に一度は」

「年に一度?」

「えぇ。正月には挨拶に顔を出さないといけないんで。気になるなら一緒に行けばいいんじゃないですか?」

そんな簡単でいいのか…?

だって、正月だろ?

そんなところに他人がしゃしゃり出てっていいものなのか…?

「心配はいりません。祖父は僕がゲイだって知ってますし、いまさら何も言いません」

「そう、なの…?」

そういうものなのか?

家族なのに?

「父は、結構いいところの坊ちゃんだったんですよ。母と駆け落ちして、母の大好きなケーキを作るために独学で学んでこの店を開いたんです」

「え…?」

チャンミンってもしかして、血統書つき?

全然、見えねぇけど…。

でも、妙に納得してしまう。

食べ方もそうだし、ちょっとした立ち振る舞いとか。

気になる…。

めっちゃ、気になる…。

いろいろと。

「そんなに気になるなら今度逢いに行ってみますか?」

「え!?」

「来月、祖父の誕生日パーティがあるんです。僕の所にも招待状が来てました」

誕生日パーティで、招待状…?

なんか、オレが思ってるよりもっと上のランクの家柄?

「出席しないつもりでしたけど、ユノが行きたいなら行ってもいいですけど?」

「…」

なんか、寒気がした。

ぷるぷるとかぶりを振り、またぎゅっと抱き着く。

関わりたくない、と思ってしまった。

いまのままがいい。

だって、なんかチャンミンが手の届かない人になっちゃいそうで…。

「行かない」

「そうですか?」

「うん、行かない」

それにさ、オレ、思うんだ。

チャンミンがあんまりおじいちゃんに逢わないのだって、なんか意味があるんだろうなって。

もちろん親父さんやおふくろさんの建前もある気がするけど、もっと別の何か。

深読みしすぎかもしれないけど。

単なる勘だけど。

だから、このままがいい。

「チャンミン」

「なんです?」

「ちゅーしたい」

子どもみたいにねだれば、ふわりと優しく笑う。

チャンミンの細いけど力強い腕がオレを引き起こして、向かいあうように座らされて、唇が一瞬触れあう。

リップ音をさせながら、ホントに触れるだけ。

オレが求めてるのはそういうのじゃないってわかってるクセに…。

頬を膨らませれば、イタズラっ子みたいに笑う。

そして、もう一度唇が重なり合った。

今度は深く。

オレが欲しかった甘い、蕩けるようなキス。

チャンミンとするキスはホント、チョコレートみたいに甘いんだ。



つづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

何やらにおいますね~(´∀`*)ウフフ
いつ出てくるかな??
ひ◇み様の予想は当たるかな~( *´艸`)

葉月の愛情表現はかなりわかりづらいと(笑)
元々、ひねくれものですからねwww

早くカゼ治してくださいね!
じゃないとせっかくのライブも楽しめないヨ~(>_<)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.