雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (97)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
2位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Bittersweet ep.4-40


Bittersweet ep.4-40




Bittersweet3.png




長い腕はオレの身体に絡み付いていて、ぴったりとくっついてる。

エリックは…もう帰ったのか?

オレ、いつの間にか寝ちゃったんだな…。

どうなったんだろ?

ちゃんと仲直りしたのかな?

でも…大丈夫だよな。

チャンミンもエリックもオレなんかより大人だし。

浅く開いた唇に誘われて、そっと口づければ長いまつげが震えた。

「ん…ユノ…?」

寝起きの声ってエロいよなぁ…。

まぁ、チャンミンの場合オーラみたいなもんが常にエロいんだけど。

「いま何時ですか…?」

ぼんやりとした瞳はまだ寝たりなさそうで、額に腕を乗せながらそう尋ねる。

「いま…2時」

カーテンの隙間から光が漏れてるから、昼の2時だろう。

頭を浮かしてチャンミンの端正な顔を見つめ、もう一度口づける。

「おなか減った」

なにしろPolarisでチョコレートを食べたきり。

さすがに腹が減った。

もう、12時間くらい経ってるし。

「チャンミン」

「ん…もうちょっと」

珍しい…。

だからこそ、寝かせてあげようと思った。

完全に目覚めちゃったし、リビングでチャンミンが起きるの待ってようかな…?

冷蔵庫開ければ何かしら食い物入ってるだろうし、なければラーメンでも作ればいい。

静かにベットを降り、感触を確かめるようにフローリングを踏みしめる。

うん、なんとか立てそうだ。

クローゼットから適当に服を取り出して身にまとう。

そしてよちよちと、左右に身体を揺らしながらペンギンみたいに歩いて、キッチンへと向かった。

あれ…?

なんか鍋がある。

昨日はなかったよな?

何が入っているのか、興味を覚えて蓋を開ければカレーのいいにおい。

もしかして…寝る前に作った?

ゴハンも炊けてるっぽいし。

どうしようかな…。

先に食べてもチャンミンは怒らないだろうけど、できるなら一緒に食べたい。

ほかに食べ物はないかと冷蔵庫をあさっていると、チャンミンに買ってもらったアイスクリームを発見した。

しかも、業務用の大きいヤツ。

それを腕に抱え、大きなスプーンを握り締めてソファヘ。

音がないのはちょっと寂しいと、テレビのリモコンへと手を伸ばす。

赤いボタンを指先で押せば、暗かった画面に光が浮かぶ。

BGMはこれでよし。

蓋を開けて、スプーンを突き立てる。

冷たい食感が口の中にいっぱい広がっていく。

そして、甘いストロベリーの香り。

これはこれでおいしい。

もちろん、一番はチャンミンの作ってくれたチョコレートだけど。

小さな幸せに浸っていたそのときだった。

なんか、変な音が…。

「…」

顔を上げたオレは、目を疑った。

ぽろりと咥えていたスプーンが落ちていく。

「な…な…な゛ーーーーっ!?」

悲鳴しか出てこなかった。

なんなんだ!?

なんなんだ、これは!?

テレビの中にはなぜかオレがいて、しかもチャンミンとセックスしてる。

止めなきゃと思うのに、手が震えて言うことを利かない。

電源ボタンを押せずに戸惑っていると、横から延びてきた手がリモコンを奪い去り、あっという間に映し出された映像は消えた。

し、心臓が…。

ものすごいバクバクしてる。

あれ、なんだ?

合成?

いや、絶対に違う。

「…」

動揺していて収拾のつかなかった頭が、だんだんと整理されてきた。

じろりと睨みつければ、まだ眠気眼のままのチャンミンが大きなあくびをこぼしてる。

「すみません。そのままにしちゃってました」

「そういう、問題じゃねぇ…っ。なんなんだ!?これはっ!」

「ユノと僕の愛の記録ですけど?」

いけしゃあしゃあと言いやがった…っ。

「覚えてないんですか?」

「何をだよっ!」

「僕のモデルしてたときの冊子、見てたじゃないですか。そのとき、言いましたよね?僕ももらうからって」

そういえば…言ってた。

何かわかんないけど、なんか”もらう”って。

それ以上聞けなくてそのまんまになっちゃったけど、まさかこんなの撮ってるなんて…。

どうしたらいいんだ…?

つまり、これを捨てろっていうことは、あのめっちゃエロ可愛いチャンミンが詰まった超絶レアな冊子を捨てなきゃいけないってことだよな?

それは…絶対に嫌だ。

オレの宝物だもん。

「いつ、撮ったんだよ…っ」

「初めてPolarisに行った日の夜ですよ?」

そんな前か…っ。

全然、覚えてねぇ…っ。

「見ます?」

「誰が見るかっ!」

冗談じゃない!

なんで自分がセックスしてるとこをわざわざ見せられなきゃならないんだ!?

ただでさえ恥ずかしいのに…っ。

「これ見て、寂しさを紛らわしてたんで」

「…っ」

ズルイとか思ってしまった。

だってオレは、なんにもなかった。

もらったブレスレットしか。

なのにコイツはこんなのをいつの間にか撮って、楽しんでいたなんて…っ。

「う゛ぅーーー…っ」

「さて…そろそろゴハンにしましょうか?」

もう、頭を抱えるしかない。

だいぶチャンミンのことわかってきたと思ってた。

わかってるつもりだった。

でも、まだ全然ダメだ。

まったく思考回路が読めない。

まるで宇宙人。

でも…不思議なことにキライになれないんだ。

それくらいオレは、チャンミンに惚れちゃってる。

「ユノ?」

キッチンでカレーを温めなおしてるチャンミンの背中にくっついてみた。

顔見たらまた怒鳴っちゃいそうだし。

「あれ、誰にも見せんじゃねーぞ…?持ち出し禁止だかんな?もし誰かにバレたり、見せたりしたら…」

「したら、どうします?」

なんも思いつかねぇ…。

言葉に詰まっていると、チャンミンがかすかに声を立てて笑い始めた。

「大丈夫ですよ。誰に見せるつもりも、持ち出すつもりもありませんから」

「じゃあ、なんで撮ったんだ…?」

「趣味と保険、ですね」

「…?」

覗き込むようにして首をかしげると、チャンミンはなぜか遠くを見つめていた。

その横顔が、なんか切なくさせる。

「いつかもし、ユノがいなくなってしまっても、映像は残るでしょう?ここにいたっていう証が」

「…いなくなんねぇし」

もう、離れるつもりなんかない。

2週間でコリゴリ。

いや、もう二度と嫌だ。

あんな生き地獄。

「そう、願ってます」

前へと回していた腕に、そっと手のひらが触れる。

包み込むように。

オレって、結局甘いんだよな…。

なんか…ちょっと情けなくなってきた。

だって、もうチャンミンなしの生活なんて考えられないくらい嵌っちゃってるから…。



完。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ネ◇リ 様

とうとう宝物見つかっちゃいました~(´∀`*)ウフフ
貴重な冊子と天秤にかけられたら、さすがに捨てろとは言えないですよね~(笑)
なんだかんだ言いながら許しちゃいましたし( *´艸`)
一度引き離されたふたり。
絆がさらに深まって、愛を確認しあって、エピ5はどうなるのかな??

コメント

Re: 初めまして。

サ◇ 様

初めまして!
コメントありがとうございますm(__)m

みのむしユノ様がお好きなんですね!
葉月も好きです(笑)
どんだけ?と書きながらいつも苦笑いwww
エピ4が終わっただけで、まだ続く予定なのでご安心ください♪
コレクションについては…また今後のエピソードで出てくる予定です。
ユノ様、どんな反応するんでしょうね~(´∀`*)ウフフ

TAXIもお読みいただいていたんですね!
ありがとうございますm(__)m
最初はかなり否定的なコメントが多く、どうなるか不安を抱えながらもなんとか連載を終えた葉月的にも思い出に残る作品でした(;^ω^)
続編は…どうでしょう?
いろいろ考えてはいるんですけどね~…。

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします(≧▽≦)

コメント

Re: 終わっちゃったんですね・・・寂しいです...

yu◇oyumu 様

ミンホ、ダメだったんですか!?
なのにお読みいただけて、さらにBSを好きになっていただけて光栄です(≧▽≦)
エピ4は完結しましたがまだ続く予定なのでご安心くださいませ♪
ようやくチャンミン君の宝物も出てきたし(笑)

ミロが一番お好きなんですか?
明日からは、ミロを連載予定なので、Heaven's Dayともどもよろしくお願いいたしますm(__)m

コメント

Re: お疲れさまでした

m◇n 様

エピ4、無事に完結です~(´∀`*)ウフフ
BSのふたりを愛してくださりありがとうございますm(__)m
今シーズンはBS史上、一番切なかったのでは?
でも、おかげでふたりの絆と愛が深まりました♡
BSはまだ続く予定なので、次回連載までしばしお待ちくださいませ♪
今後とも、よろしくお願いいたしますm(__)m

コメント

Re: いやぁ~ん(ToT)

か◇ 様

ご安心ください!
エピ4が完結というだけで、まだ続く予定なので(笑)
今回のお話はちょっと切ないカンジでしたが、最期はやっぱり甘々♡
心の癒しになれて、光栄です!
明日からはミロのエピ4をお届け予定ですので、そちらで癒していただければと思います(≧▽≦)
今後とも、よろしくお願いいたしますm(__)m

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

チャンミン君にとっては単なる思い出。
しかし、ユノ様が他の人のに気づいちゃったら-・・(´∀`*)ウフフ
きっと大変なことになっちゃいますね~(笑)

明日からはミロですよ♡
あちらのイチャイチャバカップルはどうなっていることやら( *´艸`)

今度からは曇り予報でも雨予報でも、日焼け止め塗ってきて!
紫外線はいつだって降り注いどります(T_T)
葉月は筋肉痛ですwww

コメント

Re: タイトルなし

あ◇ 様

葉月も見てみたいっ(≧▽≦)
チャンミン君は悪びれることなく堂々と(笑)
さすが最強様♡

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

あ◇ 様

はい、エピ4完結です(≧▽≦)
可愛いユノ様とクールなチャンミン君♡
バランスのいいカップルでございます(´∀`*)ウフフ
いつになくたくさんの出演者が(笑)
あ~…でも、早く生のふたりのイチャコラが見たい(T_T)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.