雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (38)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Bittersweet ep.6-32

Bittersweet3.png




Bittersweet ep.6-32



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



なんか、足元はすーすーするし、ケツはごわごわするし…。

エステってもっと、こう…なんて言うか…オシャレなとこだと思ってた。

たぶん滅多にない経験だからなんて思ってひょいひょいくっついてきたけど、思い切り後悔中。

でも…絶対チャンミンひとりだったら来ないよな…?

ってことは、撮影があるたびにこれ?

オレも付き合わされるカンジ?

チャンミンの顔にペタペタするのはいいけど…これは嫌かも。

ごわごわしてて、変な歩き方になっちゃうし。

「ユノ、大丈夫ですか?」

「ん…」

「ダメそうですね」

チャンミンは意外と平気?

もっと嫌がるかと思ってた。

「まぁ、将来の予行練習とでも思ってください」

その言種に、自然と笑ってた。

ぷはって。

「なんだよ、それ」

「だっていずれは紙おむつでしょう?」

ま、確かにそうだな。

それは否定できないし、そうなる確率は高い。

でも、いずれは、だ。

いまは必要ない。

「これ、1回きりなんで」

「へ?」

「明日、エリックひょんにお断りします」

あ、やっぱ嫌なんだ。

1回だけだからあきらめた、ってカンジか?

なら、その飄々とした態度も納得できる。

さすがに、これはな…。

世間一般のモデルってのは、こういうとこに通ってんのか?

女の人はわかるけど、男で通ってるってのは聞いたことがない。

もちろん、モデルに知り合いなんかいないから、これが当たり前なのかもしれないけど。

「こちらにおかけください。本日の施術内容をご説明申し上げます」

説明なんかどうでもいいから、さっさとやって、さっさと終わらせたい。

っていうか、この紙パンツみたいなのを脱ぎたい。

「説明はいいんで、さっさと終わらせてもらえますか?帰りたいんで」

「…」

すげぇ…。

あっさり言い捨てやがった。

オレだったら言えない。

いくら心の中で思っていたとしても、とりあえず聞いてしまう。

説明を使用としていたスタッフもちょっと驚いたみたい。

まぁ、こんなことを言うやついないよな…。

「かしこまりました。では、お部屋にご案内いたします」

でも、すぐさま元通りの営業スマイル。

これもすげぇな…。

腹の中ではきっとこの客ムカツクとか思ってるんだろうに。

「ユノ」

いつの間にか歩き出していたふたりを慌てて追いかけ、チャンミンの斜め後ろをキープ。

奥へと進めば、扉がいくつも面していた。

これ、全部施術とやらをするための部屋なのか…?

たぶん、そうなんだろうな…。

「ではこちらのベットにうつ伏せでお願いいたします。担当のものが間もなく参りますので横になってしばらくお待ちください」

あ、この人がやるんじゃないんだ…。

説明と案内だけする人?

だとしたら、仕事とっちゃったカンジ?

まぁ、いっか。

省略できるならしたほうが。

だって、給料は変わらないだろうし。

とりあえず言われるままうつ伏せに横たわる。

腕を枕代わりにチャンミンを振り返れば、まだ腰かけたままの状態でため息をついていた。

「チャンミン?」

「はい?」

「やっぱ、嫌なんだろ?」

「そりゃそうですよ。なんでこんなことにってさっきからずっと思ってます」

変に隠すことなくそう言ってくれるから、ちょっと安心した。

まだ、そのほうがマシ。

「こればっかりはオレも同感」

「しかもこの格好で3時間くらい拘束されるんですよ?」

「マジ?」

3時間もずっとこの格好…。

なんかの罰ゲームみたい。

しかも、何もしていないのに。

「たぶん、終わるころには不機嫌になってると思いますんでよろしくお願いします」

「は!?オレ、そんな宣言されてどうしたらいいわけ!?」

まさか、また昨日みたいにしろとか言わないよな?

別に嫌じゃないんだけど…。

でも、明日はいよいよ撮影だし。

それを見られないのは絶対に嫌だ。

あ、でもドンワンとかエリックとかがいるだけだから、別にいいかな…?

チャンミンに連れてってもらえば。

「明日、ちゃんと連れてってくれる…?」

「それはもちろん。約束しましたからね」

「なら…わかった。オレがなんとかしてやる」

この際、生贄だって構わない。

チャンミンとセックスするの好きだし。

そんなもん、喜んで身を捧げる。

「ホントに?」

「任せろ」

そんな会話をしていると、部屋にふたりの男性とふたりの女性が入ってきた。

もしかして、ひとりあたりふたりでやるの?

いったい、何されんのか不安になってきた。



to be continued.








関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ネ◇リ 様

では、エステティシャンの資格を取得してください(笑)
葉月には無理だな~…。
絶対失神するwww

そして、3時間後のチャンミン君はどうなっているのか…"(-""-)"
ユノ様は大変だ~(´∀`*)ウフフ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

そうそう♪
あれを体験しながら思いつきました(笑)
身体にいいことをしたはずなのに、あの後は散々でしたね…www

ユノ様、生贄♡
おいしくいただかれちゃうんでしょうね~(´∀`*)ウフフ

シャープペン使う(≧▽≦)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.