雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (39)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Bittersweet ep.6-38

Bittersweet3.png




Bittersweet ep.6-38



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



なんか、いきなり始まっちゃった…。

オレはどうしたらいいんだ?

とりあえず、ドンワンから写真をもらう約束は取りつけた。

実際、商業用として選出されたヤツはエリックの許可をもらわないとらしいけど。

たぶん個人観賞用なら大丈夫だって。

つまり、誰にも見せるなってことだよな?

ま、そりゃそうだ。

下手に流出したら大変になることくらい、オレにもわかる。

邪魔にならないよう後ろに下がって、ちょうどよくあったイスへと腰を下ろした。

しかし…すげぇな…。

完全、別人。

チャンミンが急に手の届かないところに行っちゃったみたい。

寂しくなってきた…。

「浮かねぇ顔だな」

振り返ればエリックが佇んでいた。

どうやら笑いは収まったみたい。

いや、よくみるとまだちょっと顔が緩んでるか。

「どうだ?モデルのシム・チャンミンは」

「…遠い」

「は?」

そりゃ、わかんないだろうな…。

これはきっと、オレにしかわかんないと思う。

「とりあえず、お前はこっち」

「え?」

「言っただろ?お前にもプレゼントしてやるって」

そんなこと言ってたっけ…?

っていうか、プレゼントってなに??

ワケのわからないまま、手を取られてずるずると。

「ちょ…っ、ど、どこ行くんだよっ」

「採寸」

その言葉に思いだした。

言ってた、言ってた!

オレにも服を作ってくれるって。

沈んでいた気持ちがちょっと浮上した。

もしかしたらオレもチャンミンみたいになれるかな?

チャンミン、めっちゃカッコよかったもんな…。

ウキウキしながらさっきまでチャンミンがメイクをしてもらっていた部屋へ。

待ち構えていたのは男性がふたり。

片方は一度、見たことある。

名前は知らないけど。

「全採寸」

エリックが告げればひとりが無言で首肯し、メジャーをてに近寄ってくる。

「アイアイサー」

もうひとりはなんか知らないけどハイテンション。

しかも、ものすごく奇抜なスーツ。

何者…?

「ふたりともオレの秘書だ。デカイほうがイヒョク。派手なほうがチョビン」

「秘書!?」

言っちゃ悪いけど、全然秘書に見えない。

「見えねぇだろ?」

「うん」

「はっきり言うなぁ…」

だって、ホントに見えないんだもん。

「ま、はっきり言わないだけで全員が思ってることだろうけどな」

だと思う。

「でも、これでも仕事はできんだよ」

「見えない」

「はっきり言いすぎだろ…」

「だってホントのことだもん」

エリックとそんな会話しながらも着々と全身、いたるところのサイズが測られていく。

ホントに仕事できるんだ…なんて。

だって、どう見たってそういう風には見えない。

特にチョビンって名前の派手な方。

絶対、チャンミンだって同じこと言うぞ?

「いや~…立派な体格ですね!測り甲斐がありましたよ!ねぇ、イヒョク?」

こいつ、なんだ…?

コメディアン?

ものすごい、キャラが濃い。

服装だけでもかなり独創性があるのに、しゃべると余計に。

「心配すんな。キャラは濃いけど害はねぇから。ただ…チャンミンはこいつの好みにヒットしてるかもしれねぇけどな」

それは聞き捨てならない!

チャンミンは絶対、だれにも渡さないぞっ。

威嚇するように睨みつければ、エリックが声を立てて笑う。

「美人さんらしいですね~。噂はかねがね。一度お会いさせていただきたいと思っていたんです!」

「誰が会わせるかっ」

冗談じゃない!

チャンミンがなびくはずはないと思いながらも、自ら進んで会わせるワケがない。

「おや、嫌われてしまったようです」

なんか知らないけど、マジで腹立つ…っ。

たぶん、話し方とかそういうのもあってなんだろうけど。

これ以上関わらないほうが自分のため。

採寸が終わったなら、これ以上とどまる必要はないと、スタジオへと戻っていった。

戻ってみるとすでに違う服へと着替えたチャンミンがソファに横たわり、雑誌を読んでいる。

いや、別に本気で読んでるわけじゃないんだろうけど。

「チャンミン、昼寝してるカンジ」

カメラを構えたドンワンがそう告げれば持ち上げていた雑誌を胸の上におろし、目を閉じる。

ん~…カッコイイっ!

っていうか、超絶キレイっ!

意味もなくそわそわしてしまう。

邪魔にならないようにと後ろから見てたけど、もっと近くで見てみたいとジリジリ、ジリジリ…。

「ユノ、邪魔」

「…」

普段は優しいドンワンだけど、仕事中だからちょっと怖い。

近づいてきた分だけ戻り、小さく息をついた。

もっと近くで見たいな…。



to be continued.








関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

ハゲチャビンではなく、チョビンです(笑)
ご存知ない?
いえいえ、知っているはずですよ~(´∀`*)ウフフ

どうしてもユノ様をモデルにしたいようですね~www
それはどうかな~??

コメント

Re: タイトルなし

ネ◇リ 様

胡散臭い秘書、気に入っていただけて何よりです(笑)
名前をググっていただければどんな人かわかるかとwww
何気にご存知かもしれないですよ~(´∀`*)ウフフ

チャンミン君、何気に狙われておりますね~( *´艸`)
ともあれ入り込む余地は一切ございませんが(爆)
おや?
ネ◇リ様もユノ様のモデルデビューをご期待されてる?
それにはまずチャンミン君の説得が必要かと(笑)
しかし…ユノ様、可愛すぎ♡
でも、お仕事の邪魔はダメですよ~♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.