雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (94)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

metropolis 36

metropolis 36

あ~…オレってやっぱり最低かも。

状況とか場合とか考えればそれどころじゃないはずなのに、欲望はいつだって素直だ。

「ユノ…?」

浅く開かれた唇を指先でなぞり、そっと重ね合わせた。

「ん…っ」

こぼれる可愛らしい声。

触れ合う素肌が、口づけが濃度を増すとともに熱を持ち始める。

「ユ、ユノ…っ」

「ん…?シたくない?」

そんなはずはないはずだ。
根拠は、身体に触れているその部分。

柔らかかったそこは、口づけとともに膨らみ、固くなり始めていた。

「オレさ、チャンミナのこと全部知りたいんだけど…たぶん、知ったところで変わらないんだよな…」

「ん…っく、あ、ユ、ユノ…っ」

胸の突起を弄りながら話すことでもないけれど、思いついたまま言葉にするのがオレだ。

いい意味でも悪い意味でも、状況なんて関係ない。

どんな時だってマイペース。

「チャンミナが好きだっていうことは」

「やぁ…っく、ん…あっ」

「過去のことも未来のことも大事だけどさ、オレにとってはいまのが大事」

自分の言葉を反芻し、間違いないと頷く。

「ゴメンな?オレ、こんなだけどいい?」

応える余裕なんてあるわけがない。

手のひらでそっと包み込んだそれを絶え間なく扱きながら、乱れるチャンミンを見つめる。

うん、やっぱりこうしてるときが一番好き。

オレだけに見せてくれるその姿が、その表情が、その声が。

「ま、ダメだって言われても離さないけど」

「ユ、ユノ…っ」

「ん?」

「ぼ、くも、すき…っ」

吐息をこぼしながら、それでも懸命に想いを伝えようとする。
もう、ヤバイくらい可愛い。

「オレが?それともセックスが?」

「…っ」

かぁっと一瞬にして耳まで真っ赤になっていく。
さっきとはまた種類の違う涙を浮かべ、責めるようにオレを見つめる。

「どっち?それとも、どっちも?」

悪戯に畳みかければ、ポカポカと握った手で胸板を殴る。
その手を掴んでシーツへと縫い付け、膨れたその顔を見下ろした。

「チャンミナ、可愛い」

怒った顔も、泣いた顔も、笑った顔も。

たぶん、オレって自覚している以上にチャンミンのことが好きなんだろうな。

全部、受け止められちゃうくらい。

「…」

白いシーツに波間に浮かぶ、桜色に染まった肌。
散らばる絹糸のような黒髪と、濡れた大きな瞳と。

余すことなくすべてを視姦していく。

「み、見ないで…っ」

「なんで?」

「は、恥ずかしい…っ」

まあ、そりゃそうだよな。
だからと言って止める気なんかないけど。

「いいじゃん。キレイなんだから」

ホント、綺麗だ。
無駄なものなんて何もない。

「このまんま飾っときたいくらい」

「…っ」

真っ赤になった顔をそむけ、羞恥に身体を震わせる。
結構本気だけど、これじゃ虐めてるみたいだ。

「チャンミナ」

震える身体を包み込み、きゅっと結ばれた唇へと口づける。
鳥のように啄むキス。

「変態でゴメンな?許して」

「そ、そんなコト、言われたら…」

「言われたら?」

「怒れないじゃん…っ」

涙ぐんだ瞳で、すねたように唇を尖らせて、そんな可愛いことを言う。

思わず口端を歪めるように笑い、その尖った唇に音を立てて口づけた。

「愛してる、チャンミナ」

きっと、オレたちはこれでいいんだ。

いつも考えすぎて落ち込んでしまうチャンミンと、いつだってマイペースで深く考えることをしないオレ。

落ち込んだら、オレが手を差し伸べる。

笑い方を忘れてしまったなら、オレが思い出させてやる。

生きる意味がわからないのなら、オレがチャンミンの生きる意味になってやる。

いつだって、何度だって。
チャンミンのそばには、ずっとオレがいるから…。

37へ続く。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ユノが、優しく強い人になって、チャンミンを包んで、愛して…。このままハッピーエンドに近付いてます?か?(^^)b

コメント

Re: タイトルなし

yumi 様

ユノ様、優しくて強いけど、ちょっと変態入ってません…?
大丈夫でしょうか…?
ハッピーエンドにこのまま向かうとイイんですけど…( *´艸`)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

あ◇ 様

おはようございますm(__)m
朝から、しかも遡ってまで読んでいただけるなんて…。
ありがとうございます!

こちらのお話、わかりづらくてすみません(T-T)
書いていても結構ごちゃごちゃしてきちゃって…(。>д<)
でも、仰る通りです。
アダムとイブとか、創世記を意識して書いてたりします(^w^)
そこまで葉月の思考を看破してらっしゃるんですね(笑)
葉月、なんだか嬉しくていまなら空も飛べるかも~( 〃▽〃)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.