雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (36)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

metropolis 46

metropolis 46

※R18要素あり。

苦手な方はご遠慮ください。

緩やかに意識が浮上していく。

目覚めてみると大きな瞳がじっとオレを見つめていた。

「なに見てんだよ…」

「ユノの寝顔、カワイイなって思って」

クスクスと鈴のように可愛らしい声で笑いながらそう告げる。

「チャンミナのほうがカワイイと思うけど?寝顔なんかコアラみたいだし」

「コアラ…?」

コアラを思い出そうとしているのか、左斜め上を見上げる。
その顔すら可愛くて、尖った唇にそっと唇を寄せた。

「身体、大丈夫?」

「うん」

素直な返事に笑みを深め、引き寄せたその身体を組み敷く。

「じゃあ、ちゃんと動物だってことを実感しないとな」

「え…?」

「チャンミナが余計なこと考えられないように。アンドロイドかもなんて馬鹿なこと二度と疑わないように」

「え?え??え???」

驚きながらも必死に逃れようとするチャンミンに微笑み、唇を塞ぎこんだ。

「ん…っ」

逃げ惑う舌を絡め取れば、身体が弛緩していく。

快感を得られるようにゆっくり、ゆっくり。
チャンミンが生きていることを実感できるように。

「ユノ…」

「ん?」

「ユノ…っ」

キスひとつでいまにも溢れそうな性器。

単なる生殖行為じゃなくて、お互い気持ちよくなるためのプレパレーション。

「気持ちいい?」

コクっと小さく頷き、涙をためた大きな瞳がオレを見つめる。
その先にあるものを求めるように。

「好きだよ、チャンミナ」

この先、ずっとふたりきり。

死ぬまでここで、ずっとふたりきり。

でも、オレはきっとチャンミンがいれば大丈夫だって思う。

何があっても、時々ケンカしても、絶対好きって気持ちだけは変わらないから。

永遠に愛してるって、誓えるから。

「もっとオレのこと好きになって。もっとオレのこと欲しがって」

ふたりで生きていかなければいけないから。
だから、もっと深くで繋がりたい。

「や…っ、ん…っく」

獣に成り下がって、淫らに求めて?

オレ以外誰もいないから。

頭で考えるんじゃなくて、本能で。

「ユノ…っ!」

不安とか恐怖とか、そんなもの感じる暇ないくらいオレを求めて。

もっと、もっと…。

応えるから。

オレも求めるから。

「チャンミナ…っ」

破滅は窓の外。

空から降り注ぐ雷は、まるで幾千もの星屑。

時を超えてオレたちは廻りあい、そして愛を育む。

世界から切り離されたこの場所で…。



*****



堕ち行く摩天楼。

この世界からすべての生命は絶たれた。

残された彼らは傍観者。

ただふたりだけの。

「ドフン」

「ん?」

かつて、彼らのオリジナルがこの場所で過ごしていた。

いまはもう、いない。

「ミヌ?」

独りきりだったドフンに、オリジナルが残してくれた最初で最後の贈り物。
かつて壊されたドフンの愛した人。

ヒチョルが回収したメモリを基にチャンミンが復元してくれた。

死ぬことを許されないドフンのために、独りは辛いだろうからと。

ユノのオルタナティブという役目を終えて、ここへやってきたドフンのために。

「なんか、寂しい顔してる…」

「そんなことないよ。ミヌがいるから」

チャンミンではなく、彼だけの特別な名前。
手を伸ばして引き寄せ、ドフンはミヌを抱きしめた。

「チャンミンとユノは幸せだったかな…?」

「どうだろうな…」

この部屋から出ることなく、数十年を過ごしたふたり。

ふたりの痕跡がこの部屋の至る所にある。

彼らの、生きていた証。

「でも…幸せだったと思う」

交わしたたくさんの言葉たち。

この目で見たふたりのたくさんの笑顔。

色あせることなくすべて、ふたりの軌跡がドフンのメモリに記録されている。

「ずっと、楽しそうだったよ」

華のように微笑み、甘えるように肩へと頭を預ける。

「僕も見たい。ふたりの姿」

チャンミンの手によって生み出されたミヌは、一度もふたりを見たことがない。

「見る?」

「うん」

後頭部へと手を添え、額を触れあわせる。

目を閉じれば浮かび上がるふたりの姿。

じゃれあい、笑顔をこぼすふたりは確かに楽しそうだった。

「ユンホさんもカッコイイけど、ドフンのほうがカッコイイね?」

「なんだよ、それ」

照れくさそうに苦笑いをするドフンを見つめ、くすっとミヌが微笑む。

「ドフン」

「ん?」

振り返ったドフンの唇にミヌの唇が重なり合う。
アンドロイドにそもそも性欲はない。

でも、愛はある。

愛が生まれたならその先は…。

「好きだよ、ドフン」

「…オレもだ」

引き寄せ、もう一度唇を重ね合わせる。

触れた個所から広がっていくこの熱は何だろうか…。

元々は作られた心。

でも、育んだのはふたりそれぞれの心。

「ミヌ…」

愛しさが、あふれ出していく。

涸れない泉のように。

「ドフン、同じこと考えてる…?」

心は違えど、根本は同じ。

小さく微笑み、ドフンは頷いた。

手を取り、少しの緊張を抱きながら奥の部屋へと向かう。

服を脱ぎ捨て、触れ合う。

まるで、アダムとイブのように。

この惑星に残された、たったふたつの命…。




アンドロイドの眠りを妨げないで。

愛を、見てみたくて…。


metropolis 完。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

わぁ~・・・終わりました。
ユノとチャンミン・ドフンとミヌは幸せに暮らしたんですね。
 愛があるから・・・。

葉月様 お疲れ様でした。アリガトウです。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

yumi 様

無事(?)終わりました~!
なんていうか…SFは苦手と痛感(/ー ̄;)
近未来はたぶんもう書かないな…(笑)
でも、なんとなくはまとめられたかな?と自分を慰めてます(笑)
明日からはリクエスト作品をお届けしますよ~♪
ちゃんとご希望にそえてるかが不安ですけど(。-∀-)
これからもよろしくお願いしま~す(^w^)

コメント

Re: タイトルなし

あ◇ 様

無事metropolis、完結しましたよ~っ(。>д<)
途中、何度書くのを諦めようと思ったことか…。
44話のユノ様と考えが似てらっしゃるんですか?
後で読み直してみます♪
最後までお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m
明日からは新作をお届け予定なので、お楽しみに~( 〃▽〃)

コメント

ま◇ 様

初めまして!コメントありがとうございますm(__)m
metropolisはかなり苦労した作品なので、世界観が好きと言ってもらえてとても嬉しいです!
このブログの読者様の中にもミンホが苦手という方がいらっしゃいました。でも、葉月のだけは読めると仰っていただいてとても嬉しかったのを覚えています。もちろん好みというものがありますので、一概にではないと思いますが。気が向いたら読んでみてください!
葉月の作品はホミン・ミンホの記載がないので手が付けづらかったんでしょうか…。でもトンを愛する気持ちは皆一緒だと思いますので、応援してやってくださいませ(´▽`*)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.