雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (97)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
2位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

愛をもっと 6

愛をもっと 6

★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



翌日には熱も下がり、ユノは朝からはしゃいでいた。

「チャンミン、細すぎだよ!オレ、パツンパツンじゃんっ」

確かに、僕のジーンズでは太ももとウエストがかなりキツそうだ。

「丈は微妙に余ってるし…」

足元にたわんだ裾を見つめ、悲しげに息をつく。

背格好は似ているから着れることは着れたが、納得いかないようだ。

「とりあえず今日は自分の服を着たら?洗濯しておいてあったでしょ?」

「ヤダ。これがいい」

変なところに拘るというか、なんというか。

でも、少し唇を尖らせたその表情が可愛くもある。

「チャンミン、チャンミン」

「…?」

「いつバイト連れてってくれるんだ?」

「試験までは休みをもらってるから…来週、4日後だね」

カレンダーを見やれば、運命の日まであと片手で足りる日数しか残っていない。

改めてそのことに気づき、緊張がこみ上げてくるのを感じた。

「試験?なんの??」

「医師国家試験」

「…」

まるで異国の言葉でも聞いたかのようなきょとんとした顔。

頭の上にクエスチョンマークがいくつも浮かんでいるのが見える。

こみ上げてくるものを抑えきれず、口端が緩む。

笑っては失礼な気がして、慌てて口元を手で隠したが、次から次にじわじわとこみ上げてくる。

「わ、笑うなよ…っ」

小さな犬が大きな犬へ一生懸命威嚇してるみたい。

顔を真っ赤にして抗議するその姿がさらに笑いを助長する。

さっき感じた緊張が嘘みたいに。

年上なんだけど、やっぱり可愛いって素直に思う。

「ありがと、ユノ」

「なにがっ」

「ちょっと緊張してたから」

僕もまた素直にそう告げれば、膨らんでいた頬が急速にしぼんでいく。

唇が尖っているのはきっと恥ずかしいからだろう。

もう癖になってしまったみたいで、手を伸ばして頭を撫でれば責めるような眼差しが振り返る。

「だから、子ども扱いすんなってっ!」

「だって可愛いんだから仕方なくない?」

「…っ」

ほら、照れた。

最近僕の嵌っている遊び。

からかいがいがあるというか、嗜虐心を煽るというか。

冷めた目で黙殺すればいいのに、律儀なまでにひとつひとつ過剰な反応をする。

だから楽しくてやめられない。

「チャンミンのバカっ」

これもお決まりのセリフ。

逃げ込むのは寝室で、覗き込めば頭まですっぽりふとんをかぶって、足だけがちらっと見えてる状態。

こういう行動が可愛いって気づかないんだろうか。

たぶん、気づいてないんだろうけど。

でも、同性に可愛いなんて感想を抱く日がくるなんて思わなかったな…。

「ユノ」

「…」

「買い物に行くけど、一緒に行かない?」

ベットの端に腰を下ろし、亀のようなユノに呼びかける。

「アイス…」

「買ってあげるから」

「…行く」

おそらく頭があるだろう場所を優しく撫で、立ち上がった。

出かけるならば支度をしなければ、と。

着替えを済ますとちょうど、まだ少しふてくされ顔のユノが寝室から姿を現した。

「行こう?」

手を差し出せば、手荒れひとつ、傷ひとつない手が重なる。

きっと、ユノは良家の子どもなのだろう。

バイトなんてしなくても不便なく、手荒れすることなど何ひとつすることなく、何も言わずとも誰かが代わりにし、当然のように守ってくれる世界。

でも、酷く寂しい世界だ。

だから、せめていまこの時だけでも心を解き放って、生きることを楽しんでくれればと僕は思う。

7へ続く。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

二人がどんどん。。。一人じゃない幸せを知っていくんですね。特にユノが、、

今日のお話の中のユノって、まんまユノっぽい感じですね~(私の中のイメージですけど)可愛い!
葉月様・・素敵な展開わくわくデス。

コメント

Re: タイトルなし

あ◇◇い 様

こんばんは。
こちらのお話、お名前が出てくるまで長かったですからね~(笑)
第一話、切なかったですか?
今後ふたりがどういう風に距離を詰め、どういう関係になっていくのか。
あ◇◇い様も一緒に妄想してくださいね~♪

また、葉月の身体のことまで心配いただき、ありがとうございますm(__)m
でも妄想が趣味にして生きがいの葉月。
これからも邁進していきたいと思います!
いまはノリノリなんです♪
いつかスランプになっちゃったらすみません(^^;)
葉月もいつかあ◇◇い様とお話してみたいです!
ぜひぜひ、お逢いして、いっぱいトンのことお話しましょうね~(*´ω`*)
その日を楽しみにしてます('◇')ゞ

コメント

Re: タイトルなし

yumi 様

やっぱりユノ様とチャンミン君はふたりでひとつ♪
ユノ様の心の扉を開けるのはのはチャンミン君だけです(笑)
まんまユノ様っぽいですか?
葉月的なユノ様のイメージも普段は可愛くて、ステージではカッコイイってカンジなんです。
だからミンホもホミンも妄想できちゃうんですよね~( *´艸`)
葉月、ギャップが大好きなので♡
yumi様のわくわくを裏切らないよう、頑張って妄想しま~す('◇')ゞ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.