雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (93)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

君のいない夜 50

君のいない夜 50



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



何度も夢に見た。

こうして、君と再び向かい合って座り、言葉を交わす日を。

「オレ、チャンミナが好きなんだ」

言えずにいた言葉を、数年越しにようやく告げることができた。

大きく見開かれた瞳が一層滲んでいく。

「ゴメン…あの時、言えなくて…。でも、オレ、本気だから。あの頃もそうだけど、いまも本気だから」

「…っ」

「オレが好きなのは、チャンミナだけだから」

伏せた顔から、ひとつ、ひとつとしずくがこぼれ、つないだ手を濡らしていく。

「ウソ、だ…っ」

「ウソじゃない」

「だって…っ、女の人と腕組んで歩いてた…っ」

「女?」

正直、記憶にない。

でも腕を組んでいるとなると、思い当たるのは独りだけしかいない。

「妹じゃなくて?」

確かめるためには確認させるのが一番有効だ。

手は握ったまま、携帯電話を取り出して妹の写真を表示させた。

「コイツじゃなかった?」

顔をそらすチャンミンに半ば無理矢理に写真を確認させる。

「ちゃんと見て?」

ぎゅっと瞑られた瞳がゆっくりと開いていく。

不安げに、おそるおそる。

「これ、妹」

「…」

目を見開いて、呆然と写真を見つめるその表情は、それが正しいことを物語っていた。

「あとは?」

「電話も、メールも、くれなかった…」

「…ゴメン。メールしたら、声が聞きたくなる。声、聞いたら逢いたくなるだろ?逢ったら、離したくなくなるし。だから、できなかった」

隠す必要も、誤魔化す必要もない。

ありのままを言葉にして伝えなければ意味がないから。

チャンミンには伝わらないから。

「他には?」

「…っ」

「他に、ない?オレのせいで、チャンミナが不安に感じてたこと。全部、ちゃんと説明するから教えて?」

それ以上、言葉はなかった。

だからもう我慢できなくて、つないでいた手を引き寄せた。

抱き寄せれば、身体が震え、離れようともがく。

でも、もう離すつもりはない。

「愛してる、チャンミナ…」

「は、なして…っ」

「嫌だ。もう、離さない」

再会したなら、二度と離さないと心に決めていた。

チャンミンの心がどうであれ、構いはしない。

もう一度、好きになってもらうだけだから。

「ダメなんだよ、オレ。チャンミナがいないと、生きていけない…っ」

腕の中にあるぬくもりが、香りが、胸を熱くさせる。

どれだけこの時を夢見てきただろう。

君のいない夜をいくつも越えて、何度も君の夢を見て、毎日君の欠片を探して。

「お願いだから…戻ってきて…っ」

「…っ」

「好きなんだ。愛してるんだ」

そんな言葉じゃ言い表せないくらい、オレの心はチャンミンに埋め尽くされてる。

できることならこの胸を裂いて、見せてやりたいくらいだ。

どれくらい、オレがチャンミンを必要としているか。

想っているか。

「チャンミナ…っ」

「…っく」

胸の中から聞こえる小さな嗚咽。

離れようともがいていた手が次第に背中へと伸び、ぎゅっとシャツを握りしめる。

「ユノ…っ」

久しぶりに、君の声がオレを呼ぶ。

その声で紡がれるその言葉が、欠けた心にしみていくみたいだ。

まるで、傷を癒すように。

「ユノ…っ。僕も…っ」

「チャンミナ…」

お互いの想いを確かめあい、ようやくオレの止まっていた時間が動き出した。

ここから、またふたりの時間が始まる。

愛しくも輝かしい日々が…。



君と過ごす日々が、僕に与えてくれたもの。

今度は、僕が君に明るい未来を…。



君のいない夜 完。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

S 様

初めまして、コメントありがとうございますm(__)m

わかりづらくて申し訳ありません(>_<)
49話までが過去のお話で、50話で冒頭(現在)のお話に戻る形となります。
ドンヘと受賞祝いと称して飲んで、チャンミン君の店に行く…という下りですネ。
現在と過去がごちゃまぜで、うまく執筆できず申し訳ありませんm(__)m
今後ともよろしくお願いいたします('◇')ゞ

コメント

終わっちゃった(つД`)ノ
再会して、想いが通じて、ラブラブいちゃいちゃする2人が見たいです。ぜひ3章をお願いします。

コメント

Re: タイトルなし

hamako 様

いえいえ、これから第2章ですよ~(*´ω`*)
”君のいない夜”が前篇で、明日からお届けするお話”Chandelier”が後編です(笑)
再会したふたりがどうなるのか…。
お楽しみに~(^^♪

コメント

早とちり!失礼しましたm(_ _)m
2章明日からですね!!_φ(・_・
楽しみにしています♡

コメント

Re: タイトルなし

hamako 様

いえいえ、こちらこそすみませんm(__)m
わかりづらかったですよね(^^;)
どうぞ、お楽しみに~!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

あ◇◇い 様

激しい初恋でしたね~…学生の本業忘れて(笑)
さて、やり直すことになったふたりがどうなるのか…。
ふたりで乗り越えて行っていただかないと♪
そのためには、エリックさんにもっと頑張っていただかないとなんですけどね~( *´艸`)
明日からの後編・Chandelierもよろしくお願いしま~す!

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇◇り 様

前編”君のいない夜”は一応完結でございます☆
そして明日からは後編”Chandelier”をお届けいたしま~す♪
前編は過去がメインのお話。
どちらかといえば後編のほうが本題?
お話を始めさせていただいたとき申し上げた通り、長くなります(^^;)
どうぞ、最後までお付き合いくださいませm(__)m

コメント

やっと、やっと、繋がりました。
最初の…あの二人と、そして。。。

ここで、二人の心が繋がりました。
もう、離さないでね…お互いを。

葉月様、ありがとうございます。
お疲れ様です。

コメント

Re: タイトルなし

yumi 様

ようやく冒頭のふたりに戻りました~(*´ω`*)
あとは、わだかまりが溶ければ、昔のらぶらぶイチャイチャなふたりに~( *´艸`)
明日からは後編をお届けしますので、お楽しみに~!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: はじめまして

み◇ねえ 様

初めまして!
コメントありがとうございますm(__)m

君のいない夜、気に入っていただけたようで嬉しい限りです(T-T)
若さならではの盲目的恋愛からの、後編Chandelier。
どちらも長いので、読むのが大変だったのではないでしょうか?
しかも葉月のくだらない妄想を好きと言っていただけるなんて…(*´∀`)♪
ホントにありがとうございますm(__)m
今後ともよろしくお願いいたします!!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.