雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (38)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Chandelier 1

こんにちは、葉月です。

こちらのお話は”君のいない夜”の後編になります。

お読みになる際は前篇の”君のいない夜”をお読みなってくださいm(__)m

よろしくおねがいします。



Chandelier 1



僕が帰るまでずっと待っていてくれる。

それは君だと信じてるから…。



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



夢にまで見た、君との再会。

ホントに夢みたいだ…。

でも、まだ完全じゃない。

どこか壁みたいなものを感じる。

「チャンミナ」

「…?」

「泊まってけよ、な?」

今日こそはと意気込んで訪ねれば、俯き、かぶりを振るう。

「ゴメンなさい…」

「…そ、っか…」

強引に泊まらせてもいいんだけど、なんかそれをしてはいけない気がする。

「じゃあ、送らせて?」

「…ゴメンなさい…」

また、だ…。

あまり自分の考えてくれることを話してくれないのは昔からだけど、再会してからは輪をかけて酷い。

どこに住んでいるのかも、いままでどうしていたのかも、何も話してくれない。

「そろそろ、帰ります…」

「…」

逃げるように荷物を持って、振り返ることなく足早に去っていく。

チャンミンは本当にまだオレのことを好きでいてくれてるんだろうか…。

不安になる。

電話もメールも一度だってチャンミンから来たことはない。

オレから逢いに行かなければ、いつ逢えるのかもわからない。

恋人って、言えるのか…?

これじゃオレの一方的な片想いじゃないか。

一緒に食事をした形跡はすべて消され、残されたのはチャンミンの残り香だけ。

「チャンミナ…」

やっぱり、もう少しだけでもいいから一緒にいたい。

泊まらなくてもいいから、もう少しだけ。

カギを手に、オレは部屋を飛び出した。

まだそんなには遠くへ行っていないはずだ。

エントランスを駆け出て、迷うことなく右へと折れた。

100メートルほどのところを左へ曲がると少し先に姿が見えた。

街燈の淡い光に映し出された、その背中。

歩くときの癖。

オレがチャンミンを見間違えるはずがない。

走り寄ってその腕を掴めば、驚いた表情が振り返る。

「ユ、ユノ…?」

「ごめん。もう少しだけ、一緒にいたいんだ」

抱きしめたい衝動が抑えきれず、あふれ出した。

心のままにその細い身体を抱きしめれば、かすかに強張る。

あの頃は当たり前だったことなのに、いまは拒否反応を示しているみたいに。

「チャンミナ…」

「…」

「好きだよ。愛してる」

信じられないんだろう?オレの気持ちが。

だから、何度だって言う。

これからは。

チャンミンが信じてくれるまで…。


2へ続く。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇◇り 様

わかりづらくてすみませんm(__)m
ある意味、一番長い作品かと思われます(笑)

再会を果たしたユノ様とチャンミン君、どうなるんでしょうね~…。
後編は若干ギクシャクした感じですが。
ラブラブバカップルに戻れるのか…
先は長いので、じっくり(?)堪能くださいませ(´▽`*)

コメント

Re: 初コメです。

ひ◇み 様

初めまして、葉月です!
ご訪問いただき、ありがとうございますm(__)m
前編は学生なんだから勉強しろよ、っていうカンジのお話でしたが、後編はいかに!?
チャンミン君の気持ちが見えませんよね~(^^;)
らぶらぶイチャイチャなふたりに戻れるのか…皆様次第かも~(笑)

愛をもっとは皆様チャンミン王子を気に入っていただけているようで何よりです(^^♪
またそのうち続編もお届けしたいと思います。

またのコメント、お待ちしております~(*'ω'*)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

あ◇ 様

お帰りなさいませ☆
ようやくお話は後半戦に突入致しました(*^^*)
こちらのタイトルも葉月の大好きな曲♪
聴き込んで、聴き込んで、存分に妄想したいと思います(^w^)

ユノ様の二の腕、チャンミン君のカモシカのようなおみ足…は~…想像だけでごはん5杯くらいいけちゃいそうですね(笑)
生トンに逢いたい~( ノД`)…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.