雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (39)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
17位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Bittersweet 11

Bittersweet 11

※ちょっとだけR18

苦手な方はご遠慮ください。




★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



自分でもわかんないくらい、動揺していた。

心臓はバクバクといまにも破裂しそうなくらい脈打ってて、全身が炎の中にいるみたいに熱い。

オレ、どうしちゃったんだ…?

朝起きてみたらチャンミンの姿が見えなくて、気配も何もなくて…不安になった。

慌てて探しにいって、何も考えずにバスルームの扉を開けたら真っ裸のチャンミンがいて…思わず凝視した。

濡れて、艶っぽいその肢体。

白い肌に、女性みたいなキレイなうなじ。

細いウエストと、そこから繋がるヒップライン。

しなやかという言葉が見事に当てはまる。

「ヤバイ…」

何がヤバイって、オレのソレがヤバイ。

歴代の恋人はみんな女の子だったし、ノーマルであることには間違いないはずなのに…。

オレ、いまのでヌけそう…とか、マジでありえないだろ!?

「何がヤバイんですか?」

「…っ!」

突然耳元で聞こえてきた声に飛びずさり、振り返る。

そこにはいつもどおり上半身裸の状態で、タオルを頭にかぶって、濡れ髪のままオレを見つめるチャンミンの姿があった。

完全にオレはおかしくなってる!

脳裏には先ほど見たチャンミンの姿が鮮明に浮かび上がっていた。

まるで、脳裏に刻印されてしまったみたいに。

どうにか誤魔化そうにも、意識を他へ向けようにもオレの頭の中はチャンミンの裸体一色。

もう、これじゃ変態だ。

「…それ、どうにかしないと辛くないですか?」

キレイな指先が示す先を視線で辿ったオレはさらに驚愕した。

そこには先ほどよりさらに元気になったそれ。

「う、うわっ!み、見るなよっ!」

慌ててクッションで隠してみたが、チャンミンは楽しげに笑いながらオレを見つめていた。

オレの色眼鏡かもしれないけど、その様はとても妖艶だった。

「…っ」

とてもじゃないけど、平静でなんかいられない。

「ふ、ふろ!」

とりあえず落ち着かせて、時間を置こう。

そう思って、立ち上がろうとした瞬間に手を引かれて見事にバランスを崩した。

気づけばチャンミンの腕の中、後ろから抱え込まれていた。

「僕の裸見て勃っちゃったんですか?」

「…っ」

「ユノって、ノーマルかと思ったら意外とイケる口だったんですね」

逃げたいのに、囁かれるたび耳元に触れる息に身体がどんどんおかしくなっていく。

慣れた手つきでオレのそれを取り出して、先端のくぼみに指を這わせる。

「や…っ」

嫌だと頭では思うのに、身体が動かない。

まるでその先を期待しているように。

いつもより隆々とそそり立ったそれを目の当たりにし、驚愕した。

キレイな手が、長いその指先がそれに絡みつく。

「…っ」

未知の世界に足を突っ込んでいるみたいで怖い。

なのに身体は動かない。

「逃げないなら、続けますよ?」

こぼれた蜜が伝い落ちていく。

チャンミンの手が動くたびに聞こえるかすかな卑猥な音。

やめてほしいのに、やめてほしくない。

いつもより感じている自分がいて、頭が真っ白になっていく。

「あ…っ」

どこからか視線を感じた。

チャンミンの手をじっと見つめていた視線を上げると、そこには鏡。

肩にあごを乗せるようにして、あの大きな瞳がオレをじっと見ていた。

「…っく」

かーっと、血液が沸騰するんじゃないかっていうくらい、身体が熱くなる。

「我慢しないで」

恥ずかしいと思いながらも、その状況に興奮している自分がいる。

こんなオレは知らない。

オレは、こんなじゃなかったはずだ。

そんなオレを追い詰めるように責めて立てる眼差しと手。

縛り付けられているみたいに鏡越しに視線は合ったまま、まるで肉食動物に遭遇してしまった草食動物のように。

ビクンと、身体が跳ねる。

魚みたいに。

ぐったりと身体を投げ出して、浅い呼吸を繰り返して。

それでもまだ身体の熱は冷めない。

「イク時の顔、可愛いんですね」

クスクスと耳元で聞こえる声に、また熱が上がってく。

「もう1回、する…?」

甘く誘う声に、逆らえない。

オレはいったいどうしちゃったんだろう…。

「ユノ、こっち向いて?」

言われるまま振り向けば、深く唇が重なり合う。

いまっさき達したばかりだというのにすでに張り詰めたそれをまたキレイな指が弄りだす。

じりじりと追い詰めるように。

「あ…ッ、チャ、チャンミン…ッ」

求めるように名前を呼べば、首筋に痺れるような痛みが走る。

ゾクゾクと背筋を何かが這い上がっていくような感覚。

呆気なく、オレは2度目の絶頂を迎えた。


12へつづく。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: あはっ!こっちにも登場(笑)

ひ◇み 様

Bittersweetの世界へようこそ!
こちらのお話のふたりは絶好調ですね~。
キャラが全然違う(笑)
無事恋人になれるのかな???

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

◇け 様

お久しぶりです(*^^*)
こちらのチャンミン君は愛をもっとのキャラよりマイペースというか、オレ様というか…(。-∀-)
でもチャンミン君になら振り回されたいかも~(笑)
前回もチャンミン君絡みのコメントだったので、ちゃみぺんかと思ったら、ゆのぺんだったんですねΣ( ̄ロ ̄lll)
わかっていたこととはいえ、兵役はツラいですね…(T-T)
でも一番不安なのはトンのふたりなので、我々はふたりが元気に帰ってくるのを待ちましょう!
妄想しながら(笑)
葉月、騙されておりました(/ー ̄;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.