雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (94)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Chandelier 33


Chandelier 33



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



本当は、気乗りしなかった。

出来うる限り、チャンミンのそばにいたいから。

でも、妹の頼みを無下にもできない。

少しならと承諾し、重い足取りで約束の場所へと向かった。

辿り着いてみればそこは偶然にも、チャンミンと立ち寄った喫茶店だった。

カフェオレを注文し、あの時チャンミンと一緒に座った席へと腰を下ろした。

「…」

ポケットから携帯電話を取り出し、メッセージを送る。

思ったことをそのまま言葉に。

離れていても、心は繋がっていると信じてるから。

でも、寂しい気持ちは消えない。

いったい、何があったんだ?

身体に異常が見られない以上、精神的なものだろうと医師は言っていた。

じゃあ、そこまで心を追い詰めたものはなんだ?

教えて?

一緒に考えるから。

一緒に答えを探すから。

「チャンミナ…」

呼んでも応える声はここにない。

わかってはいるけど、呼ばずにはいられない。

「お兄ちゃん」

馳せる想いを邪魔するように聞こえてきた声。

振り返るとジヘが笑顔で佇んでいた。

そして…。

「友だち?」

「うん」

赤らんだ顔を隠すように頭を下げ、そして俯いたまま真向いの席へと腰を下ろした。

「お兄ちゃんに紹介しようと思って連れてきたの」

「…?」

「この子、キム・ヒョンジュっていうの。大学のお友達。キレイでしょ?」

なんだろうか。

嫌な予感がする。

「ヒョンジュね、お兄ちゃんのこと好きなんだって。だから、どうかな~と思って」

「…」

何を言ってるんだ?

言葉が理解できないではない。

ジヘの行動が理解できなかった。

「ねぇ、お兄ちゃん。チャンミンさんはとてもいい人だと私も思うわ。でも、本当にいいの?結婚もできない、子どもも産めない。それじゃ、お兄ちゃんが幸せになれないわ」

苛立ちがこみ上げてくる。

チャンミンがこんな状況だっていうのに、オレはなんでここにいるんだ?

なんのためにここにいるんだ?

「チャンミンさんに逢いに行ったの」

「…」

「今日、友だちを紹介することもチャンミンさんは知ってるわ」

無意識に頬が引きつるのを感じた。

まさか、という信じたくない思いと、もしかして、という思い。

「もしもお兄ちゃんがその子のことを好きになって別れてほしいって言ったら受け入れてほしいってお願いしたの」

「…」

「え?」

「それ、いつ?」

絞り出した声はいつになく低いものだった。

ジヘの身体が震えたのが見て取れた。

「先週の、金曜日…」

符号が一致した。

できることなら信じたくはない。

でも、その言葉が何よりも物語っていた。

マグマのように急激に怒りがこみ上げてくる。

「お前の言う、オレの幸せって何?」

「それは…」

「お前が決めることなのか?」

感情的に怒鳴るのは簡単だ。

でもそうしたくはない。

実の妹であるジヘのためでもあるし、何よりもチャンミンのため。

チャンミンが罪の意識を感じるようなことを、オレがするわけにはいかない。

「オレは、高校の時からずっとチャンミナが好きなんだよ。男だからとか、女だからとか関係ない。チャンミナという人間が好きなんだ。離れている間も、一度だって忘れたことなんかない。諦めようって何度も思ったけど諦められなかった。チャンミナ以上の人なんていないから」

「…」

「オレが、チャンミナを必要としてるんだよ。チャンミナといることがオレの幸せなんだ」

いつだって胸の中にある、陽だまりのような笑顔。

宝石のような大きくてきれいな瞳。

オレの名を紡ぐ唇。

触れる手。

どれもが愛しい。

チャンミン以上に誰かを愛することなんてできない。

未来なんてわからないけれど、そう確信している。

「他の誰かじゃ、ダメなんだ」

「でも…っ」

「チャンミナな、いま病院にいる」

「え…?」

なんで、理解してくれないんだ?

いい人だって、素敵だって言ってくれたあの言葉はウソだったのか?

悔しくて、悲しくて、目頭が熱くなる。

「先週の金曜日から、昏睡状態だ」

「…」

目を見開き、一度は浮き上がった身体が沈んでいく。

「お前を恨みたくない。嫌いになりたくない。だから…もう、こういうことはしないでくれ」

いまはこれ以上顔を見ていたくなかった。

一生懸命抑え込んではいるけど、いつ爆発するかわからない。

顔を伏せたまま俯いているジヘの友人を見つめ、静かに頭を下げた。

断るために…。



34へつづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: 大丈夫?

ひ◇み 様

慌てすぎですよ~(;´∀`)
お気持ちはわかりますが(笑)

ユノ様、大人になりましたね~(^w^)
褒めてやってください(*^^*)

SMTは5日の東京ドームに参戦予定です!
きっとひとりで心細いだろうチャンミン君を頑張って応援しなければ~( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇◇り 様

ドキドキしていただけたようでよかったです(*^^*)
どれだけユノ様がチャンミン君を想ってるか、ジヘちゃんにもちゃんと伝わったかな~?
あとはチャンミン君がどうするのかですね~(笑)
明日もドキドキしていただけると嬉しいんですけど(^w^)

コメント

Re: タイトルなし

あ◇◇い 様

なんか、ふたりの絆を試されてるカンジ?
切なすぎてすみませんm(__)m
どうぞ、明日以降もふたりを応援してやってください!!
現実逃避されずに(笑)

コメント

ユノが静かに、、、怒ってる・・・
妹にじゃなくて。。たぶん自分に?

でも、まだ間に合いますよね!!

しかし、葉月様・・・さすがです。いじわる~

コメント

Re: タイトルなし

yumi 様

すみませんm(__)m
毎度、毎度、イジワルで…(;'∀')
ユノ様、ホントに大人になったな~…。
葉月が言うのもなんですが(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.