雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (97)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
2位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Singin' in the Rain 52


Singin' in the Rain 52



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



夢のような時間は、幸せな時間は、あっという間に過ぎていく。

1日と半分。

2年間も離れていたのに、一緒に居られたのはわずかな時間だけ。

空港のベンチで、ただ肩を並べて座っていた。

手を握り、言葉はないままに。

搭乗案内の電子掲示板には、チャンミンの乗る飛行機の便名がある。

あと、30分しかない。

「チャンドラ、そろそろ行かないと」

「…」

ホントは、行かせたくない。

できるならば、このままそばにいてほしい。

しかし、チャンミンにはやるべきことがあり、待っている人がいる。

オレだけではなく、たくさんの人がチャンミンを待っている。

「チャンドラ」

だから、心を押し殺して、促した。

俯いていた顔が持ち上がり、涙ぐんだ瞳が姿を現す。

なんで…?

その瞳が、眼差しが問いかけていた。

「今度は…オレが逢いに行く。だから、待ってて」

「…」

「絶対、逢いに行くから」

唇をかみしめて、かぶりを振るう。

嫌だ、と。

繋いだ手をぎゅっと握りしめて、ここにいたいと訴えるように。

「チャンドラ」

一向に動こうとしないチャンミンの手を引き、無理やりに立たせた。

手を振りほどいて、肩を掴んで覗き込む。

「オレが、信じられない?」

「…っ」

「離れても、心は繋がってる。絶対、逢いに行く。約束する」

どんな言葉も陳腐に思える。

でも、これしか伝えるべき言葉が思いつかない。

「愛してるよ、チャンドラ。この気持ちは、絶対に変わらない。だから、チャンドラも信じて待ってて?オレが逢いに行くのを」

「…」

きつく握りしめていたこぶしで、乱暴にこぼれる涙をふく。

そして、チャンミンはまっすぐにオレを見つめて、大きく頷いた。

「ユノ」

「ん…?」

「待ってる、から」

「うん」

「今度は、僕が待ってるから」

その言葉に、もう大丈夫だと思えた。

噛みしめるように頷き、かつてそうしていたように頭を撫でた。

でも、それだけじゃもう足らなくて、そっとキスをする。

場所も人目も、関係ない。

「行ってきます」

「…あぁ」

そしてチャンミンは歩き出した。

振り返ることなく、真っ直ぐに前を見据えて。

頼りなかった背中が、大きく見える。

その背中を見送り、小さく息をついた。

やりきれない思いを誤魔化すように髪をかき上げ、目を閉じた。

次、逢う日を想って…。




a few years later




広いホールに響く透明な音色。

空席なく、埋め尽くされた観客席。

目を閉じて音に聴き入る者、何かを投影するように遠くを見つめている者。

それぞれがそれぞれに音を楽しんでいた。

オレは後部座席の端っこに腰をおろし、ピアノを奏でるその人を見つめていた。

音に深みが増した気がする。

同じ曲なのに、全く違う。

コンサートに欠かさず演奏されるその曲。

ふたりの想い出の曲。

自然と、ふたりで過ごしていた過去を思い出す。

自分の気持ちに気づかずに、傷つけた日々。

そして、再会したあの日。

ひとつになった瞬間。

どれもがいまとなっては大切な想い出。

いまでも変わらない想い。

変わらないどころか、いまでも成長を続けている。

愛しくて、愛しくて。

そして、必ず最後に奏でられる曲。

オレを想って、作られたこの曲。

ホントはオレだけのためだけに弾いてほしいけれど、いまだその願いは叶わない。

でも、もうすぐ叶うと信じている。

静かに最後の音が響き、そして大きな拍手。

観客は立ち上がり、賞賛を送る。

演奏者はゆっくりと立ち上がり、深く頭を下げた。

「…」

そして、オレは歩き出す。

抱えきれないほど大きな花束をもって、ゆっくりと。

「…」

視線が絡み合う。

大きく見開かれた瞳はオレだけを映し出していた。

「チャンドラ」

「ユ、ノ…?」

今日、チャンミンはこの学校を卒業する。

最後を飾る単独公演。

成績最優秀者のみが立てるこの舞台。

ブルク劇場という歴史を持つ、この場所。

「卒業、おめでとう」

「…」

驚きに満ちた表情がゆっくりと笑顔に変わっていく。

引き寄せられるように歩み寄ってくるチャンミンに微笑み、花束を差し出した。

「ホテル、取ってないんだ。チャンドラの部屋、行ってもいい?」

涙を浮かべながらも笑顔を崩さず、チャンミンは頷いた。

もう、二度と離さないから。

どこにも行かせないから。

これからは、ずっと一緒に歩いていく。

そのつもりで今日、ここへ来た。

永遠を誓うために…。




いつまでも心に降り注ぐ、愛しい雨。

君がくれた、美しい旋律とともに…。




完。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

はい、まさかの展開ですm(__)m
ちょっと長くなりそうだったので…。
しばらくお時間頂いてから続きを書こうか、と(笑)

問題、なかなか難しいですね…。
いろいろ考えてはいるのですが…うーん…(;´・ω・)
ま、葉月の場合、読み直すところから始めないとなんですけどね~www

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇◇り 様

ぐっ…ときていただけましたか!?
それならよかったです!
かなり、後半すっ飛ばし気味だったんで(;^ω^)
ま、これからっていう時で終わりになっちゃったんですけどね~(笑)
またちょっとお時間頂いて、続編を書こうかなと。
最近そればっかですみませんm(__)m

コメント

Re: タイトルなし

あ◇◇い 様

愛の夢、弾かせますよ!
かなり長くなりそうだったんで、いったん区切らせていただきました(;^ω^)
また、ちょっとお時間頂いてから続きを書こうかと。
だって、ふたりの時間はまだまだたっぷりとありますからね~(´▽`*)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ゆ◇みん 様

中途半端ですみませんm(__)m
こんなドS葉月全開のお話を楽しみにしていただいてありがとうございます(´▽`*)
また、ちょっとお時間をいただいて、今後のふたりを書こうかと。
夜のお話はまだ続きますし、朝のお話はまた違うお話をお届けする予定です♪
今後ともよろしくお願いします(≧▽≦)

コメント

Re: 初めまして(*´ー`*)

こ◇ろ 様

初めまして!
コメントありがとうございますm(__)m

Singin' in the Rain気に入っていただけてありがとうございます!
一度は詰まって、諦めかけたお話なのでとっても嬉しいです(≧▽≦)

妄想ばかりにかまけて、葉月も現実の恋愛はだいぶご無沙汰…。
ふたりをモチーフにお話を書くのが楽しくて。
完全に腐女子です(笑)

いよいよチャンミン君の入隊も決まり、切ない限りですが、決まったことである意味この胸に巣食う切なさの賞味期限もまた決まったと気持ちを奮い立たせております(´▽`*)
目標は、ふたりが帰ってくるまで日々妄想を綴ること!
確かに大変だけど、ちょっとツライ時もあるけど、でも頑張りたいと思います。
ふたりも頑張ってるんだから、葉月も頑張ろうと。
ま、自己満足なんですけど(笑)

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします(*´ω`*)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: 終わっちゃった(T_T)

ネ◇リ 様

なんか、中途半端ですみませんm(__)m
続き、考えてますよ~。
なにしろ、このふたりはまだ始まったばかりですから(笑)
ホント、前半はウジウジ、イライラ…。
後半は猛ダッシュでしたけどwww
葉月もこんな素敵な恋がしてみたいわ~…。
ま、無理ですけど(;^ω^)

コメント

Re: ふふふ♡

K◇O 様

ハッピーエンドですよ~( *´艸`)
なんとか、ギリギリ、ですけど(笑)

ここのところ何かというと続編を匂わせてしまっていて、微妙に完結しないものが多くて申し訳ないのですが(;´・ω・)

夜のお話とは違って、なかなかの純愛♡
そんなふたりにドキドキいただいてありがとうございますm(__)m
続編でも、ドキドキいただけるよう頑張ります!

これからもどうぞよろしくお願いいたします(≧▽≦)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: うる(涙)

ペ◇マ◇ー 様

最後までお付き合いいただき、こちらこそありがとうございますm(__)m
なかなかに今回のお話はどん底でもたもたと進んでいく感じで、書いている本人がたぶん一番イライラ(笑)
でも、無事に完結で来てよかったです♡
またちょっとお時間頂いて、続きを書けたらな~…と思ってます。

現実はなかなかに騒がしいですね~…。
チャンミン君の入隊は覚悟していたからまだ許容できましたが、ユノ様熱愛は…。
事務所は否定してますけど、どうなんですかね…?
ユノ様もいいお歳の立派な男性だから、いつかはその日が来るんだろうけど…正直、いまはやめてほしいかな、と。
心がざわざわしちゃう~っ(>_<)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

c◇ndyc◇ne 様

こちらこそ、最後までお付き合いいただきありがとうございますm(__)m
Singin' in the Rainはホント、どん底ばかり(笑)
ハッピーエンドにできるか!?と葉月自身、不安でいっぱいでした。
でも、なんとか無事幸せにすることができました!

このお話は途中一度詰まって、諦めかけたお話だったんで、大好きと言っていただけてホントに嬉しいです!
チャンミンの入隊日が決まって凹みがちですが、見方を変えれば、これで終わりが見えたということ。
あとはふたりが帰ってくるその日を待つだけです♪
みんなで頑張って待ちましょう~(≧▽≦)

コメント

ラストシーンは映画の様に浮かんできました…

あぁ…チャンミンの天使の様な微笑み…

良かった(*´∀`)

ていうかなぜかいつもミンに感情移入してしまうんだなぁ~

う~ん( ・∇・)

こちらのミンとあちらのミン正反対なのにね(*_*)

明日からはどんな二人に逢えるのか…

うふ♪

コメント

Re: タイトルなし

ラム◇ま 様

最後までお付き合いいただきありがとうございますm(__)m
ラストシーン、映画のように浮かんだというコメントに感激です!
切なさ90%くらいだった今回のお話。
特にチャンミン君にはかなりの負担だったような…。
そんなチャンミン君に感情移入していただけたなんて…辛くさせちゃってすみません(ノД`)・゜・。

ホント、朝と夜のギャップ半端ないですよね~…。
まさに正反対(笑)

朝はあとがきを挟んで、また違うお話でお目にかかりたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします(≧▽≦)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: Happy end ♡

s◇ri◇a 様

お帰りなさいませ!
ご無事で何よりです~♪
韓国、イイですよね~…。
親友様と今度真冬の韓国に行ってみようかと話してます(笑)
めっちゃ寒いんだろうな~…。

その間に、Singin' in the Rainはとりあえず無事完結いたしました~(´▽`*)
またちょっとお時間をいただいて、忘れた頃にお届けしようかとwww
あとがきを挟んで、また新しいお話をお届けしたいと思います。
ご期待に沿えるよう、頑張ります。
そして、これからもドS変態葉月を末永く宜しくお願いいたします(≧▽≦)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

あ◇ 様

最後までお付きあいいただきありがとうございますm(__)m
なんとか完結?致しました~(*´∀`)♪
ホント、このふたりはいろいろありましたね~…。
これでもかって言うくらいの空回り(笑)
きっと、これからもチャンミン君はユノ様の鈍感さ加減に振り回されるんだろうな~…(。-∀-)
また、こちらのふたりはひょっこり現れるかも?

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

アー◇グ◇イ 様

ホント、最初は書いている本人もイライラ…"(-""-)"
気づいてからは猛ダッシュ💨
一応のハッピーエンド♡
またしばらくしたらお目見えするかと思いますので、その際は温かく見守ってやってくださいm(__)m

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: こんばんは

と◇ちゃ◇ 様

コメントありがとうございますm(__)m
いいお話と言っていただけて、また涙していただくありがとうございます!
このお話の中のふたりはホント試練ばかりでした…(;´・ω・)
離れていた時間を乗り越え、想いを実らせたふたりはもう安心?かな??
一応、またちょっとお時間頂いて、このお話のふたりをお届けしたいと思います。
また、新しいお話も始まってますので、そちらも同様に愛してい頂ければ幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします(≧▽≦)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.