雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (97)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
12位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
2位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Love in the ice 12

こんにちは、葉月です。

拍手コメのお返事を失礼いたしますm(__)m


ゆ◇っくま 様

何やら登場人物が盛りだくさんΣ(・ω・ノ)ノ!
周りに触発されて、ユノ様が早々に気づいてくれるとイイんですが…。
さてさて、どうなることか…(;^ω^)


Love in the ice 12



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



シウォンから逃げられるわけがなく、あっさりと捕まった。

「んで?」

「…」

まだ決心はつかないまま。

何を話したらいいのかもわからないし、話していいのかさえ不明。

ドンヘと違って口の堅いシウォンだから大丈夫なような気はするが…。

どうにも踏ん切りがつかない。

でも、なんかしらないけどバレちゃってるし…。

「シム先生とは話したの?」

「…話した。連絡先も聞いた。週末遊び行く約束もした」

「それって…手、早すぎじゃない?」

「…?」

手が早いって何?

兄弟なんだから問題なくない?

「え…?なに、お前…お兄ちゃんのコト好きなんじゃないの?」

「は…?」

何言ってんだ?

「だってどう考えたってそうだろ?お前の理想、そのまんまじゃん」

「…」

考えたこともなかった。

オレが、チャンミンのこと好き…?

理想そのまんま?

でも…。

「チャンミン、男だけど…?」

「だから?」

「え…?」

「人を好きになるのに男も女も関係ないだろ?」

そういうもの?

いやいや、男だし、兄貴だし。

「ない、ない」

笑ってありえないと否定すれば、シウォンは理解できないといった具合に眉根を寄せて首をかしげる。

「ま、お前が言うならそれでいいけど」

「なんだよ、それ」

「オレにはそう思えないって話」

「は?」

意味が分からない。

同じように眉根を寄せて首をかしげると、シウォンは呆れたように息をついた。

「まぁ、鈍感はいまに始まったことじゃないしな」

「どういう意味だよっ」

「そのまんまの意味だけど?」

なんでもお見通しといったその感じに腹が立つ。

その嘲るような薄い笑いも。

「あとで後悔するなよ?」

「しねぇよっ」

どうしてそういう風になるんだ?

確かにチャンミンみたいな女の子捜してるけど、チャンミンが好きってワケじゃない。

理想はあくまでも理想だ。

恋愛するなら女の子がいいに決まってるじゃないか。

ただ、いままでその理想に逢えなかっただけで。

「ふぅん…あっそ」

「…っ」

なんか、ホントに腹が立つ。

「そうそう。忘れるところだった」

ふてくされてそっぽを向いていると、ピンク色の可愛らしい封筒が一通差し出された。

封筒には可愛らしい文字が記されていた。

「いらない」

「どうして?学年1の美人だぞ?」

「いらないもんはいらない」

はっきり言って興味ない。

学年1の美人だろうが、なんだろうが。

確かに付き合うならカワイイに越したことはないけれど、でも一番重要なのは中身だ。

試しに付き合ってみればいいとみんなは言うが、そんな気も起らない。

なんでかと言われても、タイプじゃないからとしか答えられないけれど。

「お前、いっつもそれだよな」

「…何が言いたいんだよ」

「これがシム先生からだったらどうすんの?」

「え…?」

そんなこと、考えたこともなかった。

想像もできない。

「同じようにあっさり切り捨てんの?いらないもんはいらないって」

「…」

「ゆっくり自分の心と向き合ってみれば?」

向き合うって…。

さっきみたいに言い返せない。

どういう意味だって。

なんでだろう…。

「忠告はしたぞ。手遅れになってもオレは知らないからな?」

シウォンの言葉が頭の中をぐるぐる、ぐるぐると駆け巡っていた。

その言葉が、とても重要に思えて…。



13へつづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

あ◇◇い 様

今回はシウォンが先生のようです(笑)

いろいろと憶測できる”手遅れ”という言葉。
ユノ君、どうするんでしょう…。
そしてチャンミン君は…?
まだまだ先は見えませんね~(;^ω^)

オフ会まであともう少し!
お逢いできるのがいまから楽しみです~♪

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

シウォン様々ですね~(笑)
鈍ちんユノ様もこの助言で気づける?かな??

実はいろんなスジュのメンバーに出演いただいているんですけど、葉月自身さっぱりわからんとです(;^ω^)
ネットで調べながら、この人にしよ~♪みたいなwww
最近、割合ミノ君は好きなんですけどね(´▽`*)
ジンにも頑張ってもらわないと~♪

コメント

Re: ぐるぐる…

K◇O 様

シウォン先生、いいアドバイス!
ユノ様ぐるぐる~♪
ドンヘに言っちゃったら大変なことに…(>_<)

自覚したらユノ様、どうするんでしょうね~( *´艸`)

コメント

Re: いいわ❗

ペ◇マ◇ー 様

シウォンさん、大活躍!
ユノ様をどんどん刺激してもらわないと( *´艸`)

早く自覚して、チャンミン君を攻略してもらわないと♪

コメント

Re: タイトルなし

あ◇ 様

馬様、大活躍!?
例まで出してくれるなんて、なんて優しいんでしょう~(≧▽≦)
鈍ちんユノ様は気づいてくれるかな~…?
結構、いいヒントがもらえていると思うんだけど(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.