雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (94)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Love in the ice 30

こんにちは、葉月です。

拍手コメのお返事を失礼いたします。


y◇ki 様

ユノ様、ガンガン攻めまくりますよ~💨
チャンミン君が堕ちるのも時間の問題!?
ユノ様に攻められて堕ちない人なんていませんからね~(´∀`*)ウフフ


Love in the ice 30



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



思いつめた表情を常に浮かべていた。

でも、引くわけにはいかない。

約束の週末となり、オレは1週間ぶりにチャンミンの家を訪れた。

ヒチョル先生と約束があるからと、先週と同じくカギを開けて部屋へと進んだ。

相変わらずキレイな室内。

ソファへと腰を下ろすと思い出す。

「…」

感触とか、ぬくもりとか、声とか、表情とか。

いや、ここじゃなくても思い出してる。

この前なんか夢精してたし。

あの時はさすがに呆れたというかなんというか…。

お前いくつだよって、自分にツッコミ入れてた。

「まだ6時か…」

少なくともあと2時間は帰ってこないだろう。

でも退屈はない。

至る所にチャンミンの気配を感じる。

それだけで心が満たされていく。

目を閉じてその気配に浸っていると、不意にインターホンが鳴り響いた。

どうしようか…。

悩んだ末、立ち上がった。

足音を立てないようにそっと玄関へと進み、覗き穴へと目をやれば見知った人がいた。

「…」

カギを開け、ゆっくりと扉を開く。

「チャンミンなら出かけてるけど?」

「知ってる。今日は、君と話しがしたくて来たから」

「…」

「いい?少しだけ時間もらっても」

正直、この人と関わりたくはない。

でも避けては通れない。

同じひとりの人間を愛した人として。

「なんでですか?」

「チャンミンのこと、どう思ってる?」

「…あなたに言う必要、あります?」

オレがどう思っているのかなんて、チャンミンだけが知っていればいいこと。

もちろん言ってもいいのだが、なんかこの人には言いたくない。

「ん~…あんまりうまく言えないんだけどさ…」

「なんですか?」

「チャンミンのために、諦めてくれない?」

「は?」

それこそ、なんでそんなことを他人に言われなければならないんだ?

冷静であろうと思っているのに、腹が立つ。

「ホントはね、チャンミン…君のことが好きなんだ」

「え…?」

「でも、諦めようとしてる」

この人はいったい何を言ってるんだ?

どうして諦める必要がある?

オレはチャンミンが好きで、想いをすでに伝えているのに。

同じように想ってくれているのなら、諦める必要なんてどこにもないじゃないか。

「もしも君が弟じゃなかったならきっとチャンミンは迷わず君の手を取っていたと思うよ?でも、君は弟だ。だから、ダメなんだ」

「…」

「本気で好きだから、君の未来を壊したくないんだって。だから、その気持ちを汲んでもらえないかな?」

そんなことを考えていたなんて…。

オレの未来なんてどうでもいいのに。

チャンミンがいてくれるなら、どんなことでも乗り越えていけるのに。

「これ以上、チャンミンが苦しむ姿を見たくないんだ。だからさ、頼むよ」

「…はいそうですか、って言えると思う?」

「思ってない。でも、知ってるのと知らないとじゃ違うでしょ?」

この人はいったい何がしたいんだろう…。

オレに諦めさせて、その後チャンミンを手に入れようって魂胆…と思ってたんだけど、なんか違う気がする。

「チャンミンの気持ちはたぶんこの先も変わらないと思う。でもね、素直にもなれない。不器用だよね、チャンミンって」

「…」

「なんか、放っておけない。オレがどうにかできるならしてあげたいんだけどさ、やっぱりダメみたいだから」

無理して笑っているのが明らかなほど渇いた声。

なんか、苛立っていたのに可哀想になる。

オレなんかに同情されたって、余計に虚しいだけだろうけど。

「だからさ、それを知ったうえで聞きたいんだ。君は、どうしたい?」

「…」

「チャンミンの願う未来を取るか、それとも…チャンミンと一緒にいる未来を取るか」

未来。

いまオレが立っている分かれ道。

どっちを取るかって?

そんなの決まってるじゃないか。

「チャンミンのいない未来なんて、いらない」

たとえそれが茨の道であってもオレは構わない。

自分の気持ちを偽ってまで進む未来になんの夢がある?

「結構、手ごわいよ?知ってると思うけど、チャンミンは頑固だから」

「…それでもオレの気持ちは変わらない」

「若いね~」

冷やかすように口笛を吹き、茶化すように嘯く。

「その言葉、後悔しないね?」

「しない」

「後ろ指さされる人生だよ?結婚もできないし、公に認められる関係でもない。それも全部理解してる?」

念を押したいのか、それとも諦めさせたいのか…。

どっちだよって思いながらも、なんとなくその気持ちがわからないでもない。

だって、この人もチャンミンが好きなんだ。

好きな人をそう簡単に譲り渡せるわけがないよな…。

「オレの気持ちは変わらない。何があっても」

「そっか…。残念」

がっくりと肩を落とし、背を向ける。

「あ、あの…」

「…?」

「オレ、チャンミンを幸せにします。誰よりも愛して、ずっと笑ってられるように…頑張りますから」

慰めにもならないとわかっていながらも、言わずにはいられなかった。

オレの、決意を…。



31へつづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

こんにちは♡

はじめまして♡いつも楽しく読ませて頂いてます。
このホミンが切なくて…あとジンさんがいい人過ぎて、みんな幸せになって欲しいです( ・ ・̥ )
ミロティクも楽しみにしてます、とっても面白いです♡これからも頑張って下さいね!!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

思いもよらぬ方向からチャンミン君の気持ちがユノ様に伝わっちゃいましたね~(´∀`*)ウフフ
ジンたらお馬鹿さんだから敵に塩を送っちゃったカンジですけど(笑)
エリック先生に引き続き、ジン先生?
いやいや、ジンは先生に向きませんよ!
何しろお馬鹿さんwww

いつも遊びに来ていただき、また忙しい中コメントいただきましてありがとうございますm(__)m
葉月、嬉しくて舞い上がっちゃう~(≧▽≦)

コメント

Re: タイトルなし

湯◇みん 様

若くても芯の強い男チョン・ユンホ(≧▽≦)
チャンミン君はユノ様を大切に想うあまりぐるぐるです(笑)
たまには深く考えずに行動しちゃえば少しは楽になれるんですけどね~(;^ω^)

コメント

Re: タイトルなし

あ◇まい 様

お久しぶりです!コメントありがとうございますm(__)m
ジン、動いたのはいいけど敵に塩を送っちゃいました(笑)
何しろお馬鹿さんなんで(;^ω^)

あまりにぶっ飛んだお馬鹿な葉月ですみませんm(__)m
こんな葉月ですが、今後ともよろしくお願いいたします(≧▽≦)

コメント

Re: タイトルなし

か◇みん 様

ジン、お馬鹿ですね~…(;^ω^)
諦めてもらおう大作戦が、背中押しちゃう結果となりました(笑)
ある意味、ジンよりユノ様のが芯が強かったってカンジですね~(T_T)
ちなみに…葉月の勝手な人物像ですが、本物のジンも結構お馬鹿さんですwww
ユノ様の決意を示す言葉。
気に入っていただけて光栄です(≧▽≦)
これからも気に入っていただける言葉を綴れるよう努力いたします('◇')ゞ

コメント

Re: こんにちは♡

し◇ん 様

初めまして。
コメントありがとうございますm(__)m

Love in the iceはかなり切なさムード?
独り、ジンだけが浮いている気がしますが、何しろキーマンなんて(笑)
きっちり今回お仕事していただきました('◇')ゞ

MIROTICは朝のお話とは全く正反対の妄想。
いや~…我ながら落差が激しいΣ(・ω・ノ)ノ!
面白いと言っていただけて光栄です!
これからも頑張りますので、よろしくお願いいたしますm(__)m

コメント

Re: うんうん✨

ペ◇マミー 様

ユノ様、気づきのは遅かったけれど、気づいたら気づいたで猪突猛進過ぎ?
純粋と言えば聞こえはいいですが、どちらかというと盲目的…??
でも、その一途さでチャンミン君の心をしっかりつかんでいただきたいと思います(´∀`*)ウフフ
狙った獲物は逃がさない~♪
といいつつ、こちらのユノ様は恋愛初心者ですが(笑)

コメント

Re:

こ◇ろ 様

1日の始まりがこんな切ないお話で大丈夫なのでしょうか…"(-""-)"
でも、ユノ様の心は決まったし、あとは突き進むだけ!
早く幸せにしてあげないとですからね~(´∀`*)ウフフ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.