雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (94)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Your Man 3

こんにちは、葉月です。

拍手コメのお返事を失礼いたしますm(__)m


y◇ki 様

チャンミン君、綺麗に書けてますか?
だとしたら嬉しいです(≧▽≦)
もったいないカンジのユノ様と、イケメンなチャンミン君との恋物語♡
実際のユノ様とは似ても似つかない設定ですが(笑)
でも、なんかこの設定おもしろくないですか?
我ながらちょっとツボですwww


ゆ◇っくま 様

完全、ユノ様不器用ですね(笑)
一生懸命だから、なんか放っておけないカンジです(;^ω^)
常連さんもきっとそんなカンジで通っちゃってるんでしょうね~www
そろそろ自己紹介しないとね~(´∀`*)ウフフ


Your Man 3



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



気づくと彼のことを思い出していた。

名前なんていうのかな…。

どこに住んでんのかな…。

うちで弁当買ってくってことは、このあたりに住んでんだよな、たぶん。

恋人は…いるよな。

モテそうだし。

いつも弁当ふたつ買ってくし。

取り留めのない疑問が浮かんでは頭をぐるぐる。

否定しても否定しても、打ち消した言葉が不死鳥のように蘇る。

恋。

オレ、ノーマルなはずなのに…。

だって、いままで気になった子はちゃんと女の子だったし。

なのになんで男…?

そりゃぁ、キレイだけど…。

あ~…またため息がこぼれてく。

幸せが逃げてく。

まるで恋わずらいのように心が彼に囚われて、何もする気が起きない。

客のいない静かな食堂で机に突っ伏したまま、ただただ彼のことばかりを考えていた。

すると、なんの前触れもなく思い切り背中を叩かれる。

「い…っ!」

痛いの声すら出ないほどの衝撃。

背をしならせるようにしながら飛び上がり、床に転がった。

「ちょっと、おっぱ。この間からなんなの?ため息ばっかりついて」

腰に手を当てて、仁王立ち。

そして呆れたような顔でオレを見下ろしていた。

「…」

言えるわけがない。

気になっている人がいて、しかもそれが男だなんて。

注意されたばかりなのにもうため息。

オレだって好きでため息ついているわけじゃない。

つい、出ちゃうんだ。

なんか、思い出すだけで胸が苦しくて…。

「もしかして…恋煩い?」

「は!?んなワケねーだろうがっ!年上をからかって遊ぶなっ」

「…図星なんだ」

ギクっ。

昔から、隠し事ができないオレの性質。

一生懸命取り繕っているつもりだけど、絶対バレてる。

その証拠に、ジヘの顔はにやーっといやらしい笑みを浮かべていた。

「誰?あたしの知ってる人??」

ヤバイ。

マズイっ!

もし知られたら、絶対白い目で見られるっ。

兄としての威厳が…っ。

「知ってる人なんだ~…誰かな?急にだから…最近逢ったヒトでしょう?」

これ以上詮索されるとホントにマズイ。

ボロが出る前に逃げてしまおうと、そーっと身を翻す。

「あ、わかった!この前来たスレンダーでカッコイイ人でしょ?」

「な…っ!?」

「確かにカッコよかったものね~…。どっちかっていうと美人?ぱっと見、性別不明だし」

止める間もなくジヘがもう確定として話を進めていく。

オレはただその様子を呆然と見つめるほかなかった。

まずは、名前を聞きましょう。

そう言い出したジヘは次に彼が店にやってきたとき、聞けと無理難題を吹っかけてきた。

聞けるわけがないじゃないか…。

まだ、そんなに知り合ってから間もないし。

逢うのだって、弊店間際のいいとこ5分くらいだ。

しかも、初対面であんな醜態…。

フラれる確立100%ってカンジじゃねぇか。

だったら、悪あがきなんかしないで、さっさと諦めたほうが傷つかなくてすむんじゃ…。

あ~…もう、嫌だ。

もうちょっとましな出会い方してたら…。

いや、それでもないな。

だって、ものすごくモテそうだし。

男だって言う時点で、アウト。

「…」

っていうか、なんでオレ、もうすでに彼に恋してるって確定されてんだ?

違うし。

ちょっと気になるだけで、別に好きなわけじゃ…。

「なにひとりで百面相してんの?」

「に゛ゃーーーーっ!」

いきなり現れた。

心の準備だってまだできていないのに。

しかも、なんでこんなに早いんだ!?

いつもなら、もっと遅い時間なのに…っ。

「僕は幽霊か?化け物か?」

思いっきり飛びのいてしまったせいで、機嫌を損ねてしまったみたいだ。

眉間には深いしわが刻まれ、オレをねめつける。

慌てて否定するように頭を振り、合わせて両手も激しく振れば、表情が一瞬にして和らいだ。

「冗談だよ」

よ、よかった…。

嫌われたんじゃ元も子もない。

安心すると、不意に膝から力が抜け落ちた。

何が起きたんだと思うよりも先に、床が近づいてくる。

ぶつかる、と思って目を閉じてみたがいくら待ってみても衝撃はない。

おそるおそる視線を持ち上げると、目の前にその端正な顔があった。

「何もない場所でコケるなんて器用だね、君」

「あ、ありがとう…」

「どう致しまして」

うわ~…。

触っちゃったよ、オレ。

っていうか、細いのにめっちゃ力持ち。

オレのこと片手で支えちゃってるし。

「あ、あの…」

「…?」

「オレ、君じゃなくて、チョン・ユンホっていうんだけど…」

お!

我ながらなかなかいい聞き方じゃないか!

思わず自画自賛。

「チョンさん?」

なんか、切ない…。

「ユ、ユノで、いいから…」

だって、苗字で呼ばれるなんてめちゃくちゃ他人行儀。

仲良くなりたいのに、それじゃ意味がない。

「ユノ?」

「…っ!?」

う、うわ~…っ。

めっちゃ、恥ずかしい!

ものごっつ、照れる!

顔が赤くなるのをカンジ、気づかれる前に俯いた。

だって、オレってば昔から顔面リトマス紙なんて言われてからかわれてきたんだ。

妹にも散々弄られて。

でも、治そうにも治し方がわかんない。

「僕は、シム・チャンミン。チャンミンでいいよ」

「チャ、チャンミン…?」

呼ばれるのも照れるし、呼ぶのも照れるっ!

オレの心臓はいまにも破裂しそうだっ。

「熱でもある?顔、真っ赤だけど」

すっと、ひんやりしたものが額に触れる。

それがチャンミンの手だと認識し、また顔が熱くなっていく。

あ~…オレ、もうダメだ…。



つづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

ユノったら、かっわいい~。今度はどんなユノ・チャミなんでしょう・・
た・の・し・み♡

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

こちらのお話はチャンミン君を美しく書こうと頑張ってみました(≧▽≦)
それが伝わってたのなら、葉月はそれだけで満足♡
自己紹介も済んで、急接近かな?

お車にユノ様とチャンミン君…。
なんて素敵な車♡
早く実物クッションを拝みたいっすっ!

コメント

Re: タイトルなし

y◇mi 様

今回のユノ様は格別に可愛く、チャンミン君は格別に美しく!
が、こちらのお話を書く際、注視しております('◇')ゞ
ユノ様の可愛さが伝わってたら万々歳!
さてさて、今後どうなるのかな~(´∀`*)ウフフ

コメント

Re: かわいい☺

ペ◇マミー 様

ユノ様、恋愛初心者ですからね~(´∀`*)ウフフ
何しろチェリーボーイ(笑)
チャンミン君はかなり余裕?
ちょっとずつチャンミン君のベールを脱がせていかないと~( *´艸`)

コメント

Re: めんこい ユノ♡

K◇O 様

ユノ様、大暴走Σ(・ω・ノ)ノ!
恋愛初心者とはいえ、とっちらかり過ぎ?
でも、可愛いからOKでしょ~(≧▽≦)
とりあえず名前を聞けて、1歩前進といったところでしょうか?
さて、この恋は無事成就するのか!?
そしてユノ様の脱どーてーは叶うんでしょうか!?

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

か◇みん 様

葉月の自己満足な妄想に癒しを感じていただけるとは…(T_T)
ありがとうございます(≧▽≦)

妹に遊ばれる兄(笑)
顔面リトマス紙ってイイでしょ!?
なんか、勝手な妄想ですけど、ユノ様にぴったり♡
特にこのお話のユノ様に(´∀`*)ウフフ
チャンミン君はそんなユノ様と正反対なカンジですね~♪

ホント、チャンミン君のお肌キレイ( *´艸`)
やっぱり秘訣はSK-Ⅱ?
高くて手が出せませんっΣ(・ω・ノ)ノ!
筋肉もホント、バランスよく、キレイについてるし~(´▽`*)
羨ましい限りです!

必ずご連絡いたします('◇')ゞ
その際は、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

湯◇みん 様

兄がコレだから、妹はしっかりするんでしょうね~( *´艸`)
ユノ様をちゃんと理解してくれている妹は偉大です!
残念なユノ様、我ながらホントに可愛い…♡
ようやくお知り合いになれたふたり。
どうやって距離が縮まっていくんでしょうね~(´∀`*)ウフフ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.