雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (36)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DIRT ep.2-20


DIRT ep.2-20



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



とにかく、1分でも1秒でも早く仕事を終わらせたいと思った。

目を離すと消えてしまいそうなほど儚い空気をまとうチャンミンを放っておけなくて。

どうしたらいいんだろう。

何をしたらいいんだろう。

黙々と作業をしながらも頭の中はそればかり。

「…」

ちらっとチャンミンを盗み見れば、どこか遠くを見つめている。

思いを馳せているような、寂しげなその横顔。

いったい、チャンミンは何を考えているんだろう。

ちゃんと言えって言ったのに、全然変わらない。

相変わらずひとりで抱え込んで、思いつめて、自分を押し殺してる。

オレが頼りないから…?

「…」

見つめていると、不意にチャンミンが振り返った。

視線がかち合い、そっと儚い笑みを浮かべる。

「手、止まってますよ?」

「見惚れてたんだよ」

そう誤魔化せば、大きな目をさらに大きくさせ、続いて笑った。

声を立てて、嬉しそうに。

そのしぐさがなんか無性に悲しかった。

誤魔化すための言葉だけど、本心。

結構頑張って心に巣くう想いを言葉に乗せて伝えたつもりだったんだけど、伝わっていないみたいだ。

いや、どちらかっていうと信じてもらえてない…?

「ん…?」

ふと、心に何かが引っかかった。

小さな、釣り針のようなそれ。

「あ…」

「ユノ…?」

「わかった!」

「え…?」

そうだ。

きっと、そうだ。


間違いない。
これですべてが解決するかはわからないけれど、何もしないよりはましだ。

「チャンミン、終わったらすぐ帰るぞっ」

「え…?あ、はい…?」

勢いに圧され、呆気に取られているチャンミンに気づきながらも、いまは仕事を終わらせることが最優先。

打って変わってテキパキと。

やるべきことをひとつひとつ片付けていく。

19時少し前。

重要書類だけとりあえず金庫にしまって、チャンミンの手を取った。

「行くぞっ!」

「ちょ…っ、危ないですってっ」

「いいから、いいから!」

正面に移動させておいた車へとチャンミンを押し込み、その隣へと腰を下ろす。

「どこに行くんですか?」

「いいとこ」

「ホテルに車置きっぱなしなんですけど…」

「え!?ちょ…っ、行き先変更!東方ホテルに戻って!」

身を乗り出して運転手へ伝え、そっと息をつく。

左手を両手で包むようにして握りこみ、浮かれる心を抑えきれず笑った。

「ユノ…?」

教えてあげたいけど、まだ内緒。

先ほどのホテルへと戻ったオレたちは、地下の駐車場へとそのまま向かった。

「チャンミン、カギ」

手を差し出せば、そっと車のカギが手渡される。

当然、運転席へと乗り込んで、エンジンをかけた。

チャンミンは腑に落ちない表情を浮かべながらも助手席へと身を滑り込ませてきた。

なんか、ドキドキする。

喜んでくれるかな、とか。

驚くかな、とか。

少しでもチャンミンが元気になってくれたらいいなって。

車を15分ほど走らせ、近くにあったパーキングエリアへ車を滑り込ませる。

「チャンミン、降りて?」

「…」

いぶかしむように辺りを見回し、シートベルトへ手をかける。

なかなか降りないもんだから、急かすように扉を開けた。

「早くっ」

チャンミンの手を引いて車から降りさせ、施錠を忘れずにしてから歩き出す。

一旦大通りへと出て、右に折れ、1本目のT字路のちょっと先にある店へと向かった。

「ちょ…っ、ユノ」

店へ入ろうとして、チャンミンが慌てた様子で引き止める。

階段に足をかけたまま振り返り、そっと微笑んだ。

「行こう?」

何も心配はいらないから。

不安になる必要も、怯える必要もないから。

オレは、ずっとチャンミンと一緒にいる。

それだけは絶対に変わらない。

「でも…」

躊躇うチャンミンの手を引き、半ば強引に店内へと進んだ。

場違いなのはわかりきってる。

でも、後ろめたいとか、恥ずかしいとかは一切ない。

オレの選んだこの道に後悔はないから。

「結婚指輪、見せて下さい」

そう告げたときの店員と、チャンミンの顔は最高に面白かった。

たぶん、ダントツ。

ドッキリが成功したみたいで、なんか嬉しくて、必要以上にはしゃいでしまったことはちょっと反省。



つづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

結婚指輪を購入する模様です('◇')ゞ
ペアリングでも、婚約指輪でもなく、いきなりの結婚指輪(笑)
チャンミン君、唖然としてますwww
さて、これで解決するのか…?
謎だ…"(-""-)"

昨日よりはだいぶマシになりました~(´∀`*)ウフフ
年末がらみの打合せが多くて、今日も神奈川まで日帰り出張💨
明日は休みなので、ゆっくり休みます♡
チャンミン君、病人相手でもドSっぷりを発揮するんじゃ…。
でも、ユノ様は看病できなさそう…(;^ω^)
悩むわ~…(笑)

コメント

Re: グッジョブ♪

K◇O 様

ユノ様の予測不可能な行動にチャンミン君、ぽかんとしとります(笑)
そして、間違いなく白い肌がピンク色~(´∀`*)ウフフ
しかし…手順をすっ飛ばして結婚指輪とは…さすが、ユノ様!

コメント

Re: タイトルなし

か◇みん 様

いきなり結婚指輪ですって( *´艸`)
突拍子もないこと思いつくもんだな~(笑)
チャンミン君もさすがに予想できなかったようで、呆然(;^ω^)
どうなることやら…。

無事に帰ってまいりました~('◇')ゞ
渋滞に嵌って、疲れ倍増ですが(>_<)
既に雪が積もるとは…さすが北の大地!
懐かしいな…道路わきに壁のように寄せられた雪の塊がwww

コメント

Re: マジ❗

ペ◇マミー 様

サプライズというか、思いつきというか…。
チャンミン君、ぽかんとしとります(;^ω^)
ユノ様の意図はいかに!?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.