雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (93)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DIRT ep.2-23


DIRT ep.2-23



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



ヤバイくらい、身体が重い。

腰がだるい。

まぁ、途中から記憶がないくらいだから当然か。

狭い視界の中、ちらりと見上げれば穏やかな寝顔がそこにあった。

なんか、久しぶりかも。

こうやって、チャンミンの寝顔を見るのは。

「…」

不思議なくらい飽きないんだよな…。

でも、いつまでもこうしているわけにはいかない。

今日は朝から夜までスケジュールがびっちり。

食事さえまともに取れないかもしれないくらいだ。

できることならこのままチャンミンと一緒にベットの中で過ごしていたいけど、できそうにもない。

仕方がない。

準備をしようと負担のないようにゆっくり身体を動かすと、背中に回された手が一気にオレの身体を締め付けた。

「んぐ…っ」

隙間なく抱きすくめられ、鼻と口が塞がれる。

息苦しくて身を捩れば、今度は腰に激痛。

「…っ」

声は出ないし、息もできないし。

腕を引き寄せるようにしてオレとチャンミンの間に差し込むと、ようやく酸素の通る道ができた。

必死に息を吸い込んで、ゆっくりと吐き出す。

「チャンミン…、チャンミンっ」

「ん…」

かすかにこぼれた吐息混じりのかすれた声。

身体の芯に熱が灯る。

もう1回…といきたいけど、マジで時間がない。

あと1時間もすれば秘書が迎えに来る。

「おはよう、ユノ…」

「ん、おはよ」

穏やかな朝の挨拶に、心がほんわかする。

あ~…このままイチャイチャしてたい。

「大丈夫ですか…?」

「ん?何が?」

「身体。昨日、ムリさせちゃったから…」

手のひらが腰へと触れ、労わるように撫でる。

チャンミンにしてみたら良かれと思ってしていることなんだろうか、いかんせん余韻を引きずっているのか頭が変な方向へ暴走しようとする。

しかも、チャンミンはまた自分のせいだと思ってるし。

「あのな、チャンミン。オレが”もっと”って言ったんだぞ?だから、チャンミンのせいじゃないんだからな?」

「…」

いつもなら”でも”だとか、”だけど”だとか言うくせに、チャンミンは静かに微笑んだ。

「ありがとう」

思いがけない言葉に、オレが言葉を失う番だった。

「シャワー、浴びましょうか?」

答えるより先にチャンミンの腕がオレを優しく抱き起こす。

そのまま抱えられてバスルーム行き。

手のひらで撫でるように身体を洗われて、それがあんまりにも気持ちよくて、昨日散々したのにバスルームで2回もイってしまった。

情けない…。

バスルームから出ると今度は髪を乾かされたり、服を着せられたり。

ひとりじゃ何もできない子どもにでも戻ったみたいだ。

それが、なんか無性に楽しい。

終わりを告げるように頬に口づけられ、幸せは最高潮。

「チャンミン」

甘えるように手を伸ばせば、そっと包み込まれる。

正直、もう仕事に行きたくないくらいだ。

しかしそうも言っていられないのが現実。

少しずつぬくもりが遠ざかっていく。

「いま、何か作りますね?」

「…うん」

そんなのいらないから、出かけるまでの間少しでもそばにいてほしい。

抱きしめていて欲しいなんて…わがままかな?

でも、思うのはただだし。

いずれこれを毎日にするのがいま、オレがすべきこと。

手際よく何かを作り上げていくチャンミンの後姿を眺めながら、もう一度そう心に誓った。

幸せな時間に終わりを告げるようにインターホンが鳴り響く。

誰が来るかなんてわかりきってる。

立ち上がろうとすると、チャンミンが無言のまま手で止める。

インターホンへと向かって二言三言、言葉を交わしチャンミンはキッチンへと戻っていった。

3分ほど待っていると紙袋を手にオレの元へやってくる。

「立てそうですか?」

「ん」

チャンミンの手を借りて立ち上がり、甘えるように抱きつく。

だって、しばしの別れだ。

オレの想いを知ってか、触れるだけの口づけを何度も交わして。

「はい、これ。ちゃんと食べるんですよ?」

差し出された紙袋を受け取って覗き込めば、そこにはサンドウィッチがあった。

これなら場所を選ばずに食べられる。

「ありがと」

今度はオレから唇を寄せ、重ね合わせる。

「じゃあ、行ってくるな?」

「はい。気をつけて」

手を振るチャンミンに手を振り返し、チャンミンの作ってくれたお弁当を大事に抱えて歩き出す。

ゆっくり、ゆっくりと。

いつまでもチャンミンの優しいまなざしを背中に感じながら。



つづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: まったく(´~`)

ペ◇マミー 様

すっかりラブラブです♡
おぼつかない足取りでどこまで仕事ができるのか…(;^ω^)
でも、ふたりとも幸せそうだからOKでしょ!
ね?ね??

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

ようやくこちらのふたりにも甘々な日が…(T_T)
幸せな日がいつまで続くかって?
そりゃ、葉月次第でしょ~(´∀`*)ウフフ

サラダボウル大に山盛り生野菜食べたら教えてあげるかも~( *´艸`)

コメント

Re: タイトルなし

か◇みん 様

本日、見事な鼻声!
皆様に心配され、ちょっとだけ早く帰れました♪
でも、12時間は職場にいたんですけどね(;^ω^)

朝から元気なユノ様(笑)
チャンミン君も甘やかし放題♡
らぶらぶだ~(´∀`*)ウフフ
このまま幸せ街道まっしぐら!?

ついにぐぐっちゃいましたか!
正解がありましたよ~( *´艸`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.