雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (36)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

DIRT ep.2-28


DIRT ep.2-28


※R18要素あり

苦手な方はご遠慮ください。



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★




待ちに待った週末。

1日の疲れをシャワーで洗い流し、ベットへと潜り込んだ。

「ユノ、もう少しこっち」

「ん?」

充分密着してるんだけど、まだ足りないみたいだ。

半ば覆いかぶさるように身を寄せれば、額にそっと口づけが施される。

なんか、機嫌がいい…?

ぎゅっと抱きしめられたまま、小さく首を傾げた。

「なんかいいことあった?」

浮かんだ疑問をそのまま問いかければ、優しい微笑みが浮かんだ。

「少しだけ」

オレを抱きしめて、いつもより少し明るい声でそう囁いた。

息が耳に触れ、思わず身を捩った。

反射的に腰をひいたせいでできた空間にチャンミンの手が滑り込んでくる。

「ん…っ」

思わず声がこぼれた。

「こ、ら…っ、どこ触ってんだよ…っ」

優しく、撫でるようにまさぐる手。

「ぁ…っ、ちゃ、ちゃみ…っ」

「ユノ…」

もちろんオレだってそのつもりだたけど、これは予想外だ。

チャンミンが積極的に求めてくれるなんて。

「いいですか?抱いても」

この状態で嫌だなんて言えない。

頷けば、子どものような微笑みが宿る。

「いいに決まってるだろ?」

滅多に自分から誘ってくれないチャンミンだから、滅多にないこの申し出を断るなんて冗談じゃない。

そっと唇を重ね合わせ、間近で視線を交わす。

慈しむように頬を撫でて、唇をなぞって、そしてもう一度口づけた。

唇は重ねたまま、器用にオレの服を脱がせていく。

「ユノ…」

「ん…チャンミン…」

あんなに積極的に求めておいて、行為は腫れ物にでも触るみたいに優しい。

同じ人間とは思えないくらいこの前と全然違う。

だんだんと呼吸が浅く、忙しくなり、身体が熱くなる。

「チャンミン…っ」

優しさがじれったくて、気づくと手を伸ばした。

身体の中心にあるそれへと触れた。

柔らかく動かし始めれば、ダメだと言わんばかりにその手を取られる。

「や…っ」

両手を掴まれたまま、屹立しているそれに生暖かく、湿ったものが触れる

「…っ」

先端に、窪みに、括れに、芯に。

自分がこぼしたものなのか、それともチャンミンのもなのか。

オレのそれは湿り、卑猥な音が増していく。

気づくと、自ら身体を開いていた。

膝を立てて、最奥を曝す。

芯を下ったチャンミンの舌がオレの願いを汲むようにそこへ触れる。

「あ…っ」

電流が身体を駆けあがっていく。

蕾をこじ開け、粘膜に触れられて、否応なく身体が震える。

「チャンミン…っ」

早くひとつになりたくて、願いを込めてチャンミンを呼ぶ。

「ん…っ」

唇を塞がれて、声さえ飲み込まれた。

上と下を同時に責められる感覚。

オレの中がチャンミンで満たされていく。

刺激が分散したことで、無意識に入っていた力が抜け落ちる。

より深くに侵入してきた指先が快楽を呼び起こし、これからを予感させる。

窺いながらチャンミンのシャツへと手をかけ、そっと滑らせる。

シャツを脱がせて、ウエストの中に手を滑り込ませてそれを掴んだ。

「早く…っ」

手の中でビクビクと震えるそれ。

先端からは蜜が滴り、チャンミンもまた待ち望んでいるのがわかる。

ローションを使って本格的に中を弄られ、息が上がっていく。

「ちゃ、み…っ」

「ユノ…」

余裕のないその表情。

押し当てられたそれが、ゆっくりと中へ侵入してくる。

なんかもう、これが当然の形。

埋め込まれたチャンミンのそれと、受け入れているそことがぴたりと合う。

パズルの隣り合うピースみたいに。

呼吸が落ち着くまで抱きしめあって過ごして、キスをして。

「幸せ…」

思わず心に思い浮かんだ言葉をそのまま口にしていた。

少しだけ身体を浮かせ、オレを撫でながらチャンミンが微笑む。

くすぐったいけど気持ちいい。

「僕もです」

「…」

なんか、新鮮だった。

そういえば、あんまりチャンミンからそういう言葉を聞いたことがない気がする。

「ユノと出逢えて、よかった」

「…なんか…すげぇ、テレる…」

かすかに声を立てて笑い、赤らんでいるだろう頬にキスされて。

オレも思ってるよ。

チャンミンに逢えてよかったって。

「もっと愛していいですか?」

「…っ」

せっかく落ち着きかけ始めてた心臓がまた喧しくなる。

なんだ?

なんか、今日のチャンミンはいつもと違う。

こんなこと言うキャラじゃないだろ…。

「いいですよね?」

追い打ちをかけるような問いかけに、ごくりと喉を鳴らす。

そして意を決し、その瞳を見つめて大きく頷いた。

また、一歩前へ進めた気がする。

少しずつ、少しずつ。

焦ることなく、オレたちふたりのペースで、ゆっくりと。



つづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: うんうん✨

ペ◇マミー 様

いいかんじですね~( *´艸`)
チャンミン君、ちょっぴり吹っ切れた模様です♪
ユノ様はワケがわからないままイチャコラに突入しちゃいましたけど(笑)
でも、ユノ様的には本望でしょ~(´∀`*)ウフフ

コメント

Re: タイトルなし

か◇みん 様

今日は幾分ましのようです♪
明日から仕事なのでどうなるかは不明ですが(;^ω^)

チャンミン君、ホテルに行ってホントによかったですね~( *´艸`)
ムソク様の近況を知ったことがいい方向へ作用しているようです♪
幸せで何より♡

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

ユノ様、すっかり置いてけぼり(笑)
でも、チャンミン君はご機嫌なご様子です(´∀`*)ウフフ

ムソク様とMAX君、気になりますか?
他の方もコメントでそうおっしゃってたんですよね~。
なので、ちと悩み中"(-""-)"

葉月も変態トークしたいっす(≧▽≦)
しかしながら、カゼも治らんし、仕事は打合せばっかでルーチン終わらず残業がのびのび…。
果たして葉月の体力が持つのか!?って瀬戸際です(>_<)

おや、Your Manのチャンミン君に惚れちゃいましたか?
Bittersweetのチャンミン君をついに超える存在が!?
あ゛~…お話したいっ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.