雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (59)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (248)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (115)
Rise... (38)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Bittersweetep.3-21


Bittersweetep.3-21



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



明日の休みを控え、どうしようかと悩んでいたそのときだった。

ポケットの中で携帯電話が震えだす。

「はい」

『相変わらず素っ気ないな~…。ちょっとは愛想よくしないと愛しのハニーに嫌われちゃうんじゃない?』

「生憎、ユノはそんなこと僕に求めるような無駄な行為をする人じゃありません」

そう、最初から諦められている。

しかも、お客様の前だからとなけなしの愛想を振りまいたら、色気を振りまくなといわれた。

勘違いにしたってひどい言われようだ。

『チャンミナはチャンミナだな~』

「そうそう変わりませんよ。もうこの歳にもなればある程度人格は固定されてますから」

もちろん、変わるつもりもない。

このままの僕をユノが受け入れてくれるなら、その必要がないから。

『まぁ、いいや。それよりさ、今晩ヒマだったら飲みいかない?ウチのも紹介したいし」

そういえばそんなことを言ってたっけ…。

どうしようか。

正直、気が乗らない。

何しろ寝たきりだったユノがようやく復活したんだ。

明日は休みだし、今夜は…と思っていた矢先。

ん…?

そういえば、ユノの家に行く日はどうなったんだっけ…?

次の休みにって一旦はなったけれど、その後すぐユノが次の休みはゆっくりふたりで過ごして、その次の週に行くとか何とか。

結局、どうなったかがわからない。

『お~い』

「ユノ」

わからないなら聞けばいい。

扉を少し開けてフロアにいるユノを呼べば、小走りに駆け寄ってくる。

「ん?どした?」

「お父様へのご挨拶は結局いつになったんでしたっけ?」

「来週って昨日電話した」

忘れているのかと思ったが、ちゃんと連絡していたらしい。

何気なしに手を伸ばして頭を撫で、引き寄せた。

「チャンミン?」

「ミノが今夜飲みに行こうって言ってきてるんですけど、どうしますか?」

「オレはどっちでもいいよ?チャンミンに任せる」

腕の中におとなしく納まりながら、僕へと決断を委ねる。

その頬へ口づけ、抱き寄せたままもう一度携帯電話を耳へとあてがった。

「面倒くさいんで遠慮します。今日はユノとイチャついてたいし」

僕に任せるというから素直にそう答えたのに、ユノが顔を真っ赤にして責めるように睨む。

離れようともがくその身体を腕1本で抑え込み、動きを封じるべく首筋に口づけた。

「…っ」

『言うと思った』

想像していたようで、ミノはそう言って笑った。

『でも、きっとお前のことだからいつだってそうやって断るんだろ?だったら今日終わらせたほうが楽だと思うけど?』

まぁ、確かにその通りだ。

目当ての人がいるならば足を運ぶが、いないのであれば自ら進んで外になど行かない。

必要最低限の外出で充分だ。

『ま、とりあえず来いよ。7時にいつもの店な?』

「…行くとは一言も言ってないんだけど…」

既に通話の切れた電話の向こうの人へそう呟いても言葉が届くはずもなく、ため息をひとつこぼした。

「チャンミンっ」

「なんです?」

「お前、あんなコト言ってんじゃねぇーよっ」

「あんなコトって、どんなコトですか?」

もちろん、ユノの言いたいことはわかってる。

でも、つい反応が可愛いからイジワルをしてみたくなるんだ。

想像通り、顔を真っ赤にして口ごもるユノに微笑み、その赤らんだ頬に口づけた。

「この前はあんなに大胆だったのに、すっかりいつもどおりですね」

「あ、あれは!そ、その…なんていうか…」

だんだんと小さくなっていく声。

まぁ、なんとなく理由はわかっている。

相手が僕の元恋人だったからだろう。

言うなれば嫉妬。

その感情が大胆な行動に走らせた。

「だってユノが僕に任せるって言ったんでしょう?」

「だからって、あんな言い方すんなっ!は、恥ずかしいだろ…っ」

イヤ、ではなく、恥ずかしいだけ。

ホント可愛すぎて困る。

「ユノ、誘ってる?」

そうとしか思えなくて、そう耳元で囁いた。

ついでに耳朶をねっとりと舐めあげれば、ユノが身体を震わせた。

感度がいい僕の恋人は、それだけで甘い吐息をこぼす。

半分冗談だったんだけど、冗談じゃ済まなさそうだ。

「ベット行く?」

「バ、バカっ!仕事中だっ」

「いつもサボってるくせに?」

「あ、あれは、お前が…っ」

「僕が?なに?」

どんどん、どんどん、顔が赤くなっていく。

しまいには言葉も出せなくなって、口をパクパクさせるだけ。

もう…ホントに可愛すぎだから。

その唇にそっと口づければ、思い切り突き飛ばされた。

「チャンミンのバカーっ!」

小学生のケンカか…?

呆れたのもつかの間、沸々と笑いがこみ上げてくる。

うずくまり、腹を抱えて笑っていると、出て行ったとき以上の勢いでユノが戻ってきた。

真っ赤だったはずの顔は青ざめ、瞳はいまにも泣き出しそうに。

「ユノ?」

「ちゃ、ちゃみ…っ!」

なんだ?

何事だ??

うずくまった態勢のままユノのタックルを受け、見事に転がった。

さすがにいまの状態じゃ受け止めきれない。

理解ができないまま、とにかくユノを宥めていると、スヨンがひょっこり顔を出した。

「スヨン、いったい何があったんです?」

「えっと…声、駄々漏れだった…みたいな?」

あ~…なるほど。

きっと好奇の目に曝され、ユノのことだから客の質問攻めに遭い、逃げ帰ってきたんだろう。

ユノには可哀相だけど、本当に可愛すぎる。

子どもみたいに身体を震わせて泣きじゃくるユノの背中をなでながら、僕はただ微笑っていた。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

ユノ様、錯乱中(笑)
確かにBSのスヨンちゃんは最強かもwww

BSのチャンミン君はたぶん、嫉妬を表に出さないタイプかと(;^ω^)
一番ややこしいタイプの人間なんで(´∀`*)ウフフ

SMTは結局悩みつつ予約しないまま、現在に至っております…。
だって、どのステージが入ってるのかわからなくて"(-""-)"
カレンダーは買わない、かな?
だって、使えないし、今年終わったらどうしていいのかわからないし…(T_T)

コメント

Re: タイトルなし

か◇みん 様

誰もが認めるバカップル!
葉月も聞きたかった(笑)
ふたりのバカップル見たさにお店も大繁盛ですね~(´∀`*)ウフフ
いいことです♡

雪かき、ホントしんどいです…。
去年もおととしも、最悪でした。
筋肉痛で全身バッキバキ。
悪夢がよみがえる~(T_T)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

m◇yu-t 様

らぶらぶバカップル~(´∀`*)ウフフ
こんな可愛いユノ様にチャンミン君は完全骨抜きですね(笑)

Beside、無事に完結いたしました~(≧▽≦)
F1というマニアックな世界。
それでもやっぱりラブラブ~♡
やっぱりトンはこうでないと( *´艸`)

ウィークリーカレンダー持ってないんですよ~…。
どんな可愛いユノ様とどんなエロいチャンミン君なのか気になります!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.