雪・月・花 ~From.Sweet Drops~

腐女子による腐女子のための、東方神起妄想小説サイト。ホミン・ミンホどっちも有です。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2カウンター

ランキング

皆様の愛を葉月へ… にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

プロフィール

葉月

Author:葉月
雪・月・花 ~From.Sweet Drops~へようこそ!
このblogは東方神起大好き腐女子による腐女子のための妄想小説サイトです。
R18要素含みます。
ご覧になる方は、自己責任にてお願いいたします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
葉月の雑記 (58)
Spinning (57)
REAL (27)
Can't stop Fallin' Love (19)
Birth Day SP (1)
WITH (2)
T 1 Story (3)
DIRT (103)
DIRT 番外編 (2)
metropolis (47)
君のいない夜 (50)
Chandelier (45)
愛をもっと (37)
Tea for Two (3)
Bittersweet (270)
短編 (42)
MIROTIC (234)
Singin' in the Rain (53)
Love in the ice (65)
Your Man (110)
Beside (48)
Double Trouble (57)
TAXI (76)
Heaven's Day (54)
恋焦がれて見た夢 (75)
バンビーノ! (69)
Stranger (80)
キ・セ・キ (127)
Love Again (69)
DARKNESS EYES (77)
366日 (94)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
1位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Your Man ep.2-18


Your Man ep.2-18



★♪♯♭☆♪♯♭☆♪♯♭♪♯♭☆♪♯♭★



目覚めてみると、隣には誰もいなかった。

ひとりにしないでってお願いしたのに。

悲しみに彩られていく。

オレ、捨てられちゃうのかな…?

こんなに好きなのに。

でも、気持ちはわかるんだ。

だって、もしも逆の立場だったら…?

それこそ冷静じゃいられない。

泣いて、縋って、どんなに情けなくたって、必死で止める。

行かないでって。

さっき、そうしたみたいに。

嫌なんだ。

チャンミンが他の誰かと一緒にいるなんて。

しかも、ふたりきりなんて。

自分はそういうことをしようとしているのに、チャンミンにはしてほしくないって。

オレ、どんだけワガママなんだろう…。

愛想つかされてもしかたない。

でも、嫌だ。

チャンミンと離れるなんて、絶対に嫌だ。

「…っ」

言うことを聞かない身体に鞭打って、引きずるようにベットから下りる。

下りるというよりは、もう落ちるってカンジだけど。

そして、気づく。

身体が綺麗になっていることに。

なんか、また泣きそうだ。

勝手なことばっかしてんのに、いつだってチャンミンは優しいんだ。

冷たいフリしてるけど、ホントはものすごく。

ふと、まくら元には半ば引きちぎるように脱がされた服が丁寧に折り畳まれている。

涙がこぼれそうになり、ぎゅっと唇をかみ締めた。

手を伸ばして服をまとって、フローリングの上をずるずると移動していく。

扉を開けて、廊下を進んで、どこにいるかなんてわかんないけど、チャンミンは絶対家のどこかにいてくれる。

そんな確信があった。

いや、きっとオレが信じたいだけだ。

チャンミンは、絶対にオレを独りにしたりしないって。

真っ先に向かったリビング。

薄暗い間接照明に照らされたその場所に、ぼやっと人影が浮かんでいた。

そのシルエットをオレが見間違えるはずもない。

「チャンミン…っ」

思うように動かない身体が、煩わしい。

懸命に近寄って、その足に触れた。

「ユノ…」

驚いたように目を見開き、そっと微笑む。

そしてオレに手を差し伸べ、抱き上げてくれた。

いつものように。

「身体、大丈夫…?」

「大丈夫」

ホントは大丈夫じゃないけど、でも、大丈夫。

オレなんかより、チャンミンのほうがずっとツライはずだから。

「それより、オレ、ひとりにするなって言った。置いてかないでって」

「…うん」

目を伏せ、寂しそうな微笑みを浮かべて頷く。

「チャンミン」

「うん?」

「…」

何を、言えばいいんだろう…。

呼びかけたはいいけど、言葉が出てこない。

いつもなら抱き寄せてくれる手も、いまは缶を握り締めている。

まるで、拒んでいるみたいに。

オレに触れない理由を作っているみたいに。

心の距離が、縮まらない。

こんなに近くにいるのに、こんなにチャンミンを求めてるのに。

行かなければいい…?

そうすれば、いつもみたいに抱きしめてくれる?

頭撫でてくれる?

手を伸ばせば触れられるのに、動かない。

チャンミンの瞳はどこか遠くを見つめて、時折ビールを口へと運ぶだけ。

オレに成す術はなくて、ただその横顔を見つめることしかできない。

その歯がゆさ。

悲しみ。

どうすればいいのか、どうすべきなのか、わからない。

チャンミンにこんな顔させておいて、人のこと考える必要があるのか?

大事なのは?

優先すべきなのは?

そんなの、考える必要もないじゃないか。

オレにとって一番はチャンミンなんだから。

「ユノ」

「な、なに!?」

「寝ておかないと明日に差し支えるよ?僕はもう少し飲んでから寝るから」

「…っ」

明らかな拒絶に胸が痛む。

納得したわけではない。

ただ、諦めようとしている。

それが、嫌って言うほど伝わってくる。

「…行かない」

「え…?」

「行きたくない…っ」

ようやく、オレのことを見てくれた。

驚いたように目を見開いて。

でも、すぐにその視線はそらされた。

自嘲するような笑みが浮かび、握っていた缶が小さく音を立てた。

「僕のことは気にしなくていいよ。大丈夫だから」

「ちが…っ!そ、そうじゃなくて、オレが行きたくないんだよっ!」

なんでわかってくれないんだ…?

オレだって、できるなら行きたくない。

チャンミンと一緒にいたい。

どこへ行くのも、何をするのも、チャンミンが隣にいなきゃ意味がないんだ。

「一時の感情でしょ?ドタキャンしたら、後で後悔するクセに」

「…っ」

言い返せない。

その通りだと思ってしまった。

最優先すべきはチャンミンだから、断るのが一番いい。

なのに…。

答えを見つけられないまま、身体が浮き上がる。

「チャ、チャンミン!」

嫌だ。

離れたくない。

暴れたくても不自由な身体では意味もなく、首にしがみついてみてもあっさりと引き剥がされた。

「おやすみ、ユノ」

「チャンミンっ!」

どれだけ名前を呼んでも、手を伸ばしても、チャンミンはそのまま振り返ることなく部屋を出て行った。

堪えていたのに、涙が溢れていく。

「…っく」

もう、抑えきれない。

決壊したダムのように、次から次に零れ落ちていく。

「ちゃみ…っ」

去ってしまった愛する人の名を何度も呼ぶ。

震える声で。

ぎゅっと、シーツを握り締めて。

濡れていくまくらと、ひとりでは広すぎるベット。

妙に寒くて、空しくて。

チャンミンがいないというだけで、世界に見捨てられてしまった孤独を感じてしまう。

だって、ダメなんだ。

チャンミンがいないと、もう何もできない。

眠ることさえも。

それほどにオレは、チャンミンが好きなんだ…。



つづく。






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

ひ◇み 様

どっちも辛いですね…(T_T)
ミノ君のせいで、ふたりの間にヒビが…。
どうなっちゃうんでしょうかね~?
ちゃんと仲直りできるのかな?

うちの相方かな?
あまりの出来事って何があったんですか?
愚痴って問い詰めて盛り上がって?
楽しかったならよかったです♡

コメント

Re: タイトルなし

ネ◇リ 様

最大の危機ですね~(´∀`*)ウフフ
チャンミン君の優しさはすべてユノ様のものですが、ユノ様は?
こんなにもラブラブなのに、他の人とデートだなんて…。
さて…どうなっちゃうのかな??

コメント

Re: タイトルなし

か◇みん 様

どっちも可哀想なんです(T_T)
お互いを大切に思うが故の葛藤!
早くラブラブに戻っていただかないと、癒しが~( ;∀;)

TAXI読みたくなってきましたか?
今日のは、誰とやってたんでしょうね~(´∀`*)ウフフ
でも、まだ辛いかも。
でもでも、このお話結構長いんですよねぇ…(;^ω^)

コメント

Re: タイトルなし

ユ◇ナ 様

安定のラブラブっぷりだったのに…。
ふたりとも正念場です!
どうするのかな~?
どうなるのかな~?
早くラブラブバカップルに戻っていただかないと(; ・`д・´)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

Re: タイトルなし

こ◇ろ 様

ホント…ミノ君、ただじゃおかない…"(-""-)"
早くラブラブバカップルにな~れ♡

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 雪・月・花 ~From.Sweet Drops~.All rights reserved.